サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2年以上の王者を倒してついにタントがトップ! 難攻不落のN-BOXを超えられた理由とは

ここから本文です

2年以上の王者を倒してついにタントがトップ! 難攻不落のN-BOXを超えられた理由とは

 首位が入れ替わるのは2年数カ月ぶり

 今、日本で売れているクルマの上位は、なんと軽自動車のスーパーハイト系が占めている。直近の2019年11月の乗用車販売ランキングでは、1位ダイハツ・タント:21096台、2位ホンダN-BOX:18805台、3位スズキ・スペーシア:12820台である。ちなみに、軽自動車を除いたベスト3は、トヨタ・カローラ:10705台、トヨタ・シエンタ:10331台、トヨタ・プリウス:8375台となる。

もはや誰も敵わない? タントを試乗したレーシングドライバーがN-BOXを最強と推すワケ

 ここで、おやっ、これまで、日本で一番売れているクルマはN-BOXではなかったっけ? という声もあるだろう。そう、2年数カ月ぶりに、首位がN-BOXからタントに入れ代わったのである(2019年上半期ではN-BOXが新車販売台数No.1)。これは、業界内では大ニュース。

 2017年にデビューした現行型の2代目N-BOXがこれまで首位の座に君臨し続けたのは、軽自動車にして下手な中型セダンを上まわる室内空間の広さ、両側スライドドアによる乗降性の良さ、さまざまな使い勝手に応えてくれるシートアレンジ性、助手席ロングスライドによる助手席の母親が後席の子供のケアをしやすい独自のユーティリティ、そしてホンダらしい走行性能の良さや燃費性能の良さ、ミニステップワゴンを思われるコンパクトながら堂々とした佇まいによる商品力、軽自動車初のACC(アダプティブクルーズコントロール)の用意などがあり、まさに日本の狭い道をスイスイと走るのに最適で、オールマイティーに使える理想の1台だったからである。

 では、2019年11月になぜ、タントが首位を奪還したのか?

 N-BOXの優位点を研究してより上の存在を目指した

 その理由のひとつが、新しさ、つまり新車効果だ。9月はN-BOX(28484台)に続く2位(21858台)。増税後で落ち込んだ10月にはN-BOX(15782台)、スペーシア(12433台)に続く3位(11071台)だったものの、発売から4カ月たった11月は納車が順調に進んだタイミングと重なったとも考えられる。

 4代目となる新型タントは2019年7月に、ダイハツのまったく新しいプラットフォーム、DNGA(ロッキーにも使われているダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を初採用して登場。当然、開発時にN-BOXを見ているはずで、タントの大きな特徴でもあった助手席側Bピラーレスのミラクルオープンドアを継承しつつ、それを最大限に生かすロングスライド機構を、N-BOXが助手席側ならこちらは運転席側で!!とばかりに、世界初の運転席540mmロングスライド機構を新採用。

 それによって、助手席側から子供を後席に乗せたあと、車外に出ることなく、安全・快適に運転席に移動でき(運転席ロングスライド時の助手席とのすき間は最大約190mm~)、停車時、運転席から後席の子供のケアをしやすい……などの利便性をもたらすアピールポイントも効いているはずである。

 もちろん、2年前に発売されたN-BOXより鮮度で上まわることは間違いなく、あるいは、N-BOXファン、N-BOXを求めるユーザーがすでに購入し、所有している時期……とも推測できる。実際、走らせてみると、さすがタントは、上級のロッキーにも使われる新しいDNGAプラットフォームを採用するだけあり、走行性能でN-BOXをしのぐ部分もあり(とくにシートのかけ心地と乗り心地、カーブでの車体の傾きの少なさで勝る!)、比較試乗して、タントに軍配を上げたユーザーも少なくないはずなのである。

 また、N-BOXに続けということで、ターボモデルのみとはいえ、ACCを装備。それも現時点でN-BOXは全グレードにホンダセンシングとともに標準装備されるACCが約30~110km/hでのみ作動するのに対して、新型タントのターボモデルに標準装備されるACCは、スーパーハイト系軽自動車初の渋滞追従機能付(停車時の保持は2秒)で、ACCの有り難みをより感じやすかったりするのである(もっともタントの売れ筋は、ACC非搭載のNAモデルだが)。

 そんな新型タントは、価格アップを最上限に抑えつつ、全車に世界最小のステレオカメラによる15種類もの進化した先進安全支援装備=スマートアシスト、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプなどを標準装備。基本性能を含め、日本を代表する軽自動車メーカーとしていち早く先進安全支援装備を搭載したダイハツらしい、ユーザーに寄り添う見識と、まさしく打倒N-BOX! への強い意気込みを感じさせてくれる、走行性能まで飛躍的に進化した快作というわけだ。ある意味、日本のファミリー層、子育て層に、売れるべくして売れていると言っていい。

 もっとも、N-BOX購入予備軍もまだまだ相当数いると思われ、2019年上半期の新車販売台数No.1、2019年10月まで王座に君臨していたN-BOXが、2017年デビューとはいえ、この先の改良などで巻き返しを計る可能性は十分にある。2020年には、日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020、スモールモビリティ部門賞を受賞した日産デイズ、三菱ekワゴン/ekクロスをベースとしたスーパーハイト系軽自動車の日産デイズルークス、三菱ekスペースの登場を控え、超売れ筋のスーパーハイト系軽自動車の戦いは、より熾烈さを増していくはずだ。N-BOXもスペーシアも、いや、タントもうかうかしていられない、スーパーハイト系軽自動車“祭り”の2020年になるのは間違いないだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します