サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 気がつけばテント内がビショビショに? 秋冬キャンプを快適に楽しむために「結露対策」が必須なワケ

ここから本文です

キャンプで見舞われるテント内の結露 原因は湿度と温度差

 朝起きるとテントの中が濡れていた、なんて経験をしたことがある人は多いと思います。寝袋や荷物が濡れているから「雨漏りしたのかも……?」と思う人もいるようですが、これは雨漏りではなく「結露」なんです。

「盗電」「トイレで炊飯」「駐車場でBBQ」! 車中泊ブームで衝撃のマナー違反が横行

 結露とは、水蒸気を多く含んだ暖かい空気が急激に冷やされることで、水蒸気が水に変わる現象です。テントの場合なら、呼気などで水蒸気を多く含んだ暖かい空気がテント内に溜まり、それが外気で冷やされたテント生地に触れることで、生地に水滴が付着します。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン