サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「名将MCRが作り上げたBNR34万能型スペックの最高峰」筑波1分フラット&ゼロヨン10秒台&最高速300キロの超性能!

ここから本文です

「名将MCRが作り上げたBNR34万能型スペックの最高峰」筑波1分フラット&ゼロヨン10秒台&最高速300キロの超性能!

万能型の速さを生み出す2.8L+GT-RSツイン+Vカム仕様

「快適装備は全て残す」究極のロードカーとして製作されたストリートスペック!

「名将MCRが作り上げたBNR34万能型スペックの最高峰」筑波1分フラット&ゼロヨン10秒台&最高速300キロの超性能!

ストリートでの快適性を一切犠牲にすることなく“最高速300km/h、ゼロヨン10秒台、筑波1分フラット”を実現する…そんな明確なコンセプトを掲げ、見事に達成したのが老舗“MCR”のBNR34だ。

ベースはVスペックでエアコンやオーディオ、ナビなどをもれなく装備。カタログ値で1560kgの車重は、ボディパネルのカーボン&FRP化やフルバケットシート導入などによって実測1500kgまで絞り込まれているが、決して徹底的な軽量化が行われてるわけではない。

「ストリートで乗っても不満を感じないことが大前提。その上で、どこかひとつのステージに限定するんじゃなくて、オールラウンドな速さを求めるのがウチのやり方。それを分かりやすく表現したのが開発コンセプト」と小林代表は言う。

その柱になっているのがエンジンチューンだ。まず、腰下には剛性アップが図られたニスモGTブロックを導入し、HKS 2.8Lキットで排気量を拡大。もちろん、組み付けにはこれまでMCRで培ってきたノウハウがふんだんに盛り込まれ、各部の寸法&重量合わせやクリアランス管理などがシビアに行われている。

一方、ヘッドまわりはポート研磨や燃焼室加工などくまなく手が加えられ、HKS VカムシステムでIN側の可変バルタイ化を図っている。これにN1エキマニを介してGT-RSタービンをツインで装着。最大ブースト圧1.6キロ時に、最高出力は7500rpmで625ps、最大トルクに至っては4400rpmという低い回転数でなんと76.4kgm(ダイノパック係数ゼロ)をマークしているのだ。


細部の作り込みも徹底。バッテリー横のアルミタンクは、右がオイルキャッチタンクでエンジンオイルをレベルゲージ差し込み口からオイルパンへと直接リターンさせるように設計。その左が冷却水のエア抜きタンク。ウォーターラインに気泡が循環することで発生する冷却性能の低下を回避している。


排気系はARCチタンフロントパイプ、ニスモスポーツキャタライザー、MCRオリジナルチタンマフラーという組み合わせ。パイプ径は70φ×2→80φ→89φで、テールエンドは130φだ。

足回りはテインスーパーレーシングに前後14kg/mmのスプリングをセット。フロントアッパーアームはクスコ製、テンションロッドはテイン製で、いずれも調整式に交換される。キャンバー/トーは富士仕様としてフロント3.5度/アウト2mm、リヤ3度/イン2mmというセッティング。ブレーキ系は、フロントにブレンボF50キャリパー+370mmローター、リヤにロータスブレンボ+355mmローターをセットして強化済みだ。

ホイールは18インチで、前後10Jオフセット+22のエンケイGTC01。これに265/35サイズのアドバンA048が組み合わされる。

室内は大人の仕上がりだ。車両の各種情報はメーターパネルにセットされたデフィスーパースポーツクラスター01で一括管理。ステアリングコラム右側には、伸縮別に減衰力を調整するためテインEDFCが2セット装着される。

フロントフェンダーは片側15mmワイドとされたニスモZチューンタイプ。上部後端をGT500風のアウトレットダクトとすることでエンジンルーム内の熱気を効果的に放出するだけでなく、ダウンフォースの向上も実現する。

ボンネットはニスモR-tuneカーボンフードに交換。軽量化とクーリング性能アップに効果があるのはもちろん、純正エアクリーナーボックスへと走行風を導くインテークダクトが設けられ、吸気効率の向上にも大きく貢献する。

組まなく手が入れられたエンジンと軽量化、そしてそこに合わせられるのがファイナルのローギヤード化。純正の3.545から3.916へと交換することで40~50psのパワーアップに相当する加速力がプラスされている。

小林代表いわく「ウチではブーストアップの次のステップとして、ポン付けタービン装着かファイナル比の交換を勧めているくらいだよ」とのこと。ローギヤード化はそれほど大きな効果があって、エンジンチューンのレベルが違っても同じ結果が期待できる。

右足の動きに即応するエンジン特性と、それを引き出すためにチョイスされたファイナル比。その相乗効果によってMCRのBNR34は、数値以上の速さを見せつけるのだ。

●取材協力:MCR 千葉県柏市大青田713-2 TEL:04-7199-2845

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します