サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1小松礼雄エンジニア、新人シューマッハーを語る「彼は常に成長しようとしている」

ここから本文です

 ハースF1のチーフ・レースエンジニアである小松礼雄は、トルコGPで予選Q2進出を果たしたルーキーのミック・シューマッハーについて、「彼にはポテンシャルがあるので、驚きではない」と語るとともに、常に成長していると明かした。

 シューマッハーは、”ほぼ乾いた”難しい路面コンディションとなったF1トルコGPの予選Q1で、マクラーレンのダニエル・リカルドやアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルを打ち負かし、14番手タイムを記録。Q2進出を果たした。

■日本人F1チーフエンジニア、小松礼雄が語るミック・シューマッハー「寛大で意欲的な姿勢に皆助かっている」

 これでシューマッハーは、フランスGPに続き今季2度目の予選Q1突破。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン