サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD初日会見:路面の改善で「エンジン全開率が想定よりも上昇」メルセデスのICE交換には驚き

ここから本文です
 9年ぶりに復活した2020年のトルコGPでは異常なほど低い路面グリップに誰もが苦しめられた。それが2021年は一転、路面コンディションは劇的に改善された。その結果「エンジン全開率も大きく上がった」ものの、「それに対応できるよう構えている」とホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターはコメント。さらにセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の4番手が最高位だった初日の結果についても、「まだまだ改善の余地があり、最適化を進めていく」と総括した。

おすすめのニュース

サイトトップへ