サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1特集|髪を赤く染めたアルボン。その裏にある孤児たちとの心温まるストーリー

ここから本文です

F1特集|髪を赤く染めたアルボン。その裏にある孤児たちとの心温まるストーリー

F1特集|髪を赤く染めたアルボン。その裏にある孤児たちとの心温まるストーリー

 ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは、オーストラリアGPを前に髪を赤に染めた。その裏側には、タイの孤児院で彼が出会った子どもたちとの心温まる物語があった。


 F1第6戦スペインGPに向けた木曜日、バルセロナはカタルニア・サーキットのパドックでは、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンがチームスタッフの髪をヘアスプレーで赤く染めるのを手伝った。

■世界にはベッテルが必要だ。気候変動に人権……「レーサーならレースだけに専念してろ」は悪魔の呪文

 この”赤髪”ブームはウイリアムズだけでなく、Sky Sport F1で実況を務めるデビッド・クロフトをはじめ、パドック中に広がった。しかしこれは単なるお遊びではなく、アルボンが母国タイで行なった心温まるチャリティ活動がキッカケとなっていた。

 トロロッソとレッドブルでF1を戦った経験を持つアルボンが、ウイリアムズでF1復帰を果たすと決まった時、その契約はwin-winのように思えた。

 2020年末にレッドブルのシートを失ったアルボンは再び戦いの舞台に上がる機会を得て、ウイリアムズはジョージ・ラッセル(現メルセデス)の抜けた穴を埋める、速く経験豊富なドライバーを獲得することができた。

 今季新加入のアルボンはスペインGPまでに貴重な3ポイントをチームにもたらしており、その光るパフォーマンスがチームの追い風となっている。

 F1参戦半年でトップチームに昇格を果たしたことで、イギリス系タイ人のアルボンはレーシングライセンスの籍を置くタイでは有名人に。そしてウイリアムズのヨースト・カピト代表を通じて、アルボンはタイとの新たな繋がりを得た。

 というのも、ヨーストの弟であるフォルカーは、20年以上タイのバンコクでチャリティ活動に注力していたことが関係している。

 フォルカーはヨーストと彼らの父が1985年パリ・ダカールのトラック部門を制した時、クルーのひとりとして参加していた。兄ヨーストがその後BMW、ザウバー、フォルクスワーゲンなどを通じてモータースポーツのキャリアを積んでいく一方、弟フォルカーはダカールをキッカケに冒険心に火が付き、タイでイベント企画のコンサルティングを開業。ロジスティクスの専門知識を活かし、毎年開催されるレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)などの大規模イベントの中核となっている。

 しかしそれ以外では、ヨーストとは異なりフォルカーはレースとは無縁の世界に生きており、彼はバンコクから来たに100kmほど離れたワット・サケーオ村にある「ワット・サケーオ孤児院」に住む2500人の恵まれない子どもたちに支援を行なっているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します