サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、痛恨のノーポイントでタイトル争いに大きな痛手「こんなことをしている余裕はない」

ここから本文です

 F1第4戦イギリスGPのレース終盤、バルテリ・ボッタス(メルセデス)はタイヤトラブルに見舞われ、緊急ピットインを余儀なくされた。これによりボッタスはポイント圏外に転落し、最後は前を走るセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を追い詰めたもののパスすることができず、11位に終わった。

 一方でチームメイトのルイス・ハミルトンにもファイナルラップに同様のトラブルが発生したが、彼はパンクしたタイヤで残り半周を走りきり、トップのままチェッカー。25ポイントを手にした。

【動画】2020 F1イギリスGP決勝ハイライト

 これにより、イギリスGP前は5ポイントだったハミルトンとボッタスのポイント差は30に拡大。

おすすめのニュース

サイトトップへ