サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 半導体ショック、新たなセールス手法も 輸入車の2021年12月販売ランキング

ここから本文です

納期短いモデルが“推し”に

JAIAが発表した2021年12月の輸入乗用車登録台数は、2万4238台を記録し、前年同月比で85.1%という厳しい結果となった。

【画像】フェラーリSF90とSF90スパイダー【同じ角度で比較】 全40枚

例年、期末の3月とボーナス需要期の6月・12月は、登録台数が伸びる月で様々な拡販策が行われる。しかし、半導体ショックの影響により、2020年12月にも及ばなかった。

消費税引き上げ直後の2019年12月は落ち込んだが、2018年12月は3万4748台が登録される好調ぶりだった。

2021年の12月は、2018年比で69.7%まで落ち込んだことになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ