サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 佐藤琢磨、ウォールにヒットしながらも“全開”アタックでトップ12入り|インディ500予選

ここから本文です

 第106回目を迎えているインディ500。5月21日には予選1日目が開始され、ポールポジションを決する2日目に進むことのできるトップ12、それ以下の13番手から33番手の予選順位が決定した。

 4周のアベレージ速度で決定されるインディ500の予選。まずは決定済みのアテンプト(予選走行)順に従って、各車がアタックへと向かった。

【特別インタビュー】渡米から早10年以上……佐藤琢磨がインディカーで感じた衝撃、面白さ、幸せ

 初回アテンプトを2番目に行なったエド・カーペンター・レーシングのリーナス・ヴィーケイは、233.655mphをマークしトップに。これはインディ500の歴史でも3番目に速い驚異的な速さ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン