現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ホンダ移籍は悪い挑戦じゃない? LCR加入ウワサのザルコ、ホンダの苦境を打破できれば「光栄」

ここから本文です

【MotoGP】ホンダ移籍は悪い挑戦じゃない? LCR加入ウワサのザルコ、ホンダの苦境を打破できれば「光栄」

掲載 5
【MotoGP】ホンダ移籍は悪い挑戦じゃない? LCR加入ウワサのザルコ、ホンダの苦境を打破できれば「光栄」

 ヤマハに移籍したアレックス・リンスの後任としてプラマックからLCRホンダへ移籍すると噂されているヨハン・ザルコ。彼は仮に2024年からの移籍が決まり、ホンダを復活させることができれば「光栄だ」と語っている。

 ザルコは2019年シーズン後半に、負傷した中上貴晶の代役として既にLCRホンダから3戦でレースを戦ったことがある。

■80年代の熱狂から観客動員ガタ落ちの鈴鹿8耐……だからといって“オワコン”なのか?

 その前には、HRCファクトリーライダー加入が有力視されていたこともあった。ザルコは結果としてKTMと契約を交わしたものの、彼はmotorsport.comに対して「100%僕が選んだ訳じゃない」と以前語っていた。

 そのKTMでザルコは2019年に大苦戦を強いられ、トップ10フィニッシュはわずか1回。サンマリノGPの後、KTMから即時解雇される前に、彼は2年契約を早期に終了することを選択した。

 その後アビンティアからドゥカティ陣営に入ったザルコは現在プラマックで走っているが、2024年に向けてそのシートをマルコ・ベッツェッキ(VR46)が獲得することとなるようだ。

 長年MotoGPを牽引してきたホンダはここ数年苦しんでおり、2023年シーズンは惨憺たる結果となっている。リンスのアメリカズGPでの優勝が唯一のハイライトだ。

 しかしザルコはホンダへ移籍することは「悪い挑戦ではない」と言う。そして、ホンダをより良い結果に導けることを光栄に思うと語っている。

「僕が復活に導けたら誇らしい。というのも、KTMでは上手くいかなかったからね」とザルコは言う。

「僕のフィードバックはKTMにとって良いモノだったかもしれないけど、あのポジションに留まるだけの結果がなかった」

「だから僕はドゥカティへ移る決断を下したんだ」

「しかし、この選択をする場合、成長度合いは(2019年と)同じではないのは確かだ。選択肢はオープンにしておかないとね」

 ザルコは2024年もドゥカティに残ることを希望しており、スーパーバイク世界選手権(WSBK)への転向も否定。MotoGPに留まるのに十分なほど成績は安定していると語った。

「ランキング4番手につけているのに、なんで今スーパーバイクのことを考えなきゃいけないの?」

「結果を出せばMotoGPのシートを獲得できる、というのはよく言われていることだ。結果を残しているのに、まだ来年のシートがない。だから少し奇妙に感じるよ」

「でも今やっていることを考えると、スーパーバイクにはいかないよ。それはスーパーバイクが嫌いだからじゃない。僕が未勝利だと周りが言ったとしても、僕はMotoGPで結果を残している」

「毎年、シーズン中にランキング5番手以内に何人のライダーが入ることができている? 僕は強いソルジャーだし、これからもそうあり続けたい」

こんな記事も読まれています

BMWが最高級ミニバン市場へ参入か!? 「i7アクティブツアラー」を大予想
BMWが最高級ミニバン市場へ参入か!? 「i7アクティブツアラー」を大予想
レスポンス
「911の60年」を記念し、7台のポルシェが文化大使に! ファルツ地方を巡る「ポルシェ ヘリテージ エクスペリエンス」
「911の60年」を記念し、7台のポルシェが文化大使に! ファルツ地方を巡る「ポルシェ ヘリテージ エクスペリエンス」
LE VOLANT CARSMEET WEB
角田裕毅、今季限りでチーム代表退任のフランツ・トストに最大限の感謝「彼がいなければ、僕は今F1にいなかった……これからは完璧なドライバーになれるよう集中する」
角田裕毅、今季限りでチーム代表退任のフランツ・トストに最大限の感謝「彼がいなければ、僕は今F1にいなかった……これからは完璧なドライバーになれるよう集中する」
motorsport.com 日本版
中央道「3週間」にわたり1車線に 昼間も車線規制し渋滞最大10km予測
中央道「3週間」にわたり1車線に 昼間も車線規制し渋滞最大10km予測
くるまのニュース
テスラ『サイバートラック』、「AWD」の航続はシリーズ最長の547km…2024年米国発売へ
テスラ『サイバートラック』、「AWD」の航続はシリーズ最長の547km…2024年米国発売へ
レスポンス
シェフラー、独ヴィテスコ・テクノロジーズを吸収合併 合併契約を締結 合併後の社名はシェフラーに
シェフラー、独ヴィテスコ・テクノロジーズを吸収合併 合併契約を締結 合併後の社名はシェフラーに
日刊自動車新聞
【チューニングカーの祭典】エッセンモーターショー2023開幕 主人公はもちろんチューニングカーファンに大人気の日本車だ!
【チューニングカーの祭典】エッセンモーターショー2023開幕 主人公はもちろんチューニングカーファンに大人気の日本車だ!
AutoBild Japan
乗ってみたらヒョンデKONAがけっこう脅威! 攻めた装備と大胆デザインの勢いがスゴイ
乗ってみたらヒョンデKONAがけっこう脅威! 攻めた装備と大胆デザインの勢いがスゴイ
WEB CARTOP
今季19勝のフェルスタッペン、付け入る隙はあるのか? フェラーリのバスール代表「プレッシャーをかければ彼だってミスをする」
今季19勝のフェルスタッペン、付け入る隙はあるのか? フェラーリのバスール代表「プレッシャーをかければ彼だってミスをする」
motorsport.com 日本版
ヤマハ新型「トリシティ300」登場! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応&車体色を刷新!
ヤマハ新型「トリシティ300」登場! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応&車体色を刷新!
WEBヤングマシン
ヤマハの新型モデル「PG-1」を早くもカスタム K-SPEED「PG-1 ROCK SCRAMBLER」発表
ヤマハの新型モデル「PG-1」を早くもカスタム K-SPEED「PG-1 ROCK SCRAMBLER」発表
バイクのニュース
700馬力超え!? オデッセイ顔「シルビア」実車展示! ロータリーエンジン搭載のハイパーカー!? ピンクラメが強烈なスゴイの現る
700馬力超え!? オデッセイ顔「シルビア」実車展示! ロータリーエンジン搭載のハイパーカー!? ピンクラメが強烈なスゴイの現る
くるまのニュース
[音響機材・チョイスの勘どころ]メインユニット…市販ディスプレイオーディオの“モニター”の実力は?
[音響機材・チョイスの勘どころ]メインユニット…市販ディスプレイオーディオの“モニター”の実力は?
レスポンス
車に加湿器!? USBから給電可能な超音波式加湿器!
車に加湿器!? USBから給電可能な超音波式加湿器!
月刊自家用車WEB
ジープ ラングラー【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ジープ ラングラー【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【最新スーパースポーツ試乗】MRグランツーリズモ、マセラティMC20チェロの洗練と情熱
【最新スーパースポーツ試乗】MRグランツーリズモ、マセラティMC20チェロの洗練と情熱
カー・アンド・ドライバー
1700万円超えのトヨタ新型「クラウンミニバン」“エアロ仕様”登場! 存在感スゴすぎるモデリスタパーツが中国で初公開! 反響は?
1700万円超えのトヨタ新型「クラウンミニバン」“エアロ仕様”登場! 存在感スゴすぎるモデリスタパーツが中国で初公開! 反響は?
くるまのニュース
レクサスの電動ミドルSUV「RZ」に前輪駆動モデル「RZ300e」登場 一充電の航続距離は599km
レクサスの電動ミドルSUV「RZ」に前輪駆動モデル「RZ300e」登場 一充電の航続距離は599km
VAGUE

みんなのコメント

5件
  • 勝てるチームではない事は分かってるみたいだな
  • ホンダやヤマハに 現イタリアンマシンからの移籍は初、いいヒントを貰えるはずだ
    ドゥカは 大きな間違いをした事に、成らなければいいがw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村