サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱 デリカD:5、5万8000台をリコール ECUプログラム不具合でエンストのおそれ

ここから本文です

三菱 デリカD:5、5万8000台をリコール ECUプログラム不具合でエンストのおそれ

三菱自動車は2月13日、ミニバン『デリカD:5』のエンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年12月18日から2019年1月7日に製造された5万8297台。

対象車両は、燃料ポンプの制御プログラムが不適切なため、燃料残量が少ない場合に、燃料ポンプが空気を吸い込むことがある。そのため、燃料がエンジンに供給される過程で空気が圧縮され高温になることで炭化物が生成され、フューエルインジェクター内部に堆積。インジェクターが作動不良となり、最悪の場合、エンストに至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUの制御プログラムを対策仕様に書き替える。また、車台番号を確認し、フューエルインジェクターが対策前の車両は対策品と交換。取扱説明書やメンテナンスノートで、フューエルインジェクタークリーナーの定期注入指示がある車両は、その指示を廃止する。

不具合は136件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します