サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、ベッテルとルクレールの”チーム内ライバル関係”を歓迎「我々の”アドバンテージ”になる」

ここから本文です

フェラーリ、ベッテルとルクレールの”チーム内ライバル関係”を歓迎「我々の”アドバンテージ”になる」

フェラーリ、ベッテルとルクレールの”チーム内ライバル関係”を歓迎「我々の”アドバンテージ”になる」

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2019年に議論を呼んだシーンがあったにも関わらず、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのチーム内でライバル関係にあることが、アドバンテージとなると主張した。

 F1フル参戦2年目にして、フェラーリに加入したルクレールは、7つのポールポジションと2勝を記録。ランキングでも4度のF1王者であるベッテルを上回る活躍を見せた。

■タイトル争いには破れたが、方向性は間違っていなかった? フェラーリSF90開発記

 勢いのある”新入り”に対し、2015年からフェラーリに在籍するベッテルも対抗。ブラジルGPでの同士討ちや、チームオーダーに関して無線で率直なコメントが飛び出るなど、時には彼らの”覇権争い”が白熱したものの、ビノットはそうした状況に満足しているようだ。

 motorsport.comの独占インタビューで昨シーズンを振り返り、ビノットはドライバーふたりがお互いを打ち負かすという決意を固めたのは正しいことだと話した。

「現時点でふたりのドライバーと、彼らが一緒にいる時の振る舞いを見ると、非常にうまく機能している」

「予選でシャルルがセブの後ろだと、彼はがっかりする。それは素晴らしいことだしポジティブだ。良いベンチマークになるし、素晴らしいスピリットだ」

「無線コミュニケーションに関して、新聞では色々な論争を読んだが、ふたりの関係に全く懸念はない。それもポイントだ」

「素晴らしいラインアップだ。経験やドライビングという面でも違いがある。我々にとって、それはアドバンテージだ」

 ビノットは、昨年はベッテルとルクレールの関係に議論の余地があったものの、今シーズンは物事がうまく機能しないほど制御不可能になることはないと考えているようだ。

 ふたりのトップドライバーを起用する上で、そうした摩擦は避けられないことなのかと尋ねると、ビノットは「それは間違いない。だからそれを受け入れなくてはいけない」と答えた。

「だから重要なのは、彼らが全体的な目標とは何かを理解し、(レースの)全体像をもっと理解することだ」

「無線における議論は決してベストではない。マシンに乗っている時は全体像が分からないからだ。それは信頼の問題なんだ」

「レース前、そしてシーズンを通じて明快さと透明性が重要だと思う。そして、我々はレース中に直面する状況が何であれ、それに合わせて立ち向かわなくてはならないんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します