サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンCEO、FIAとF1の“強力な”統治体制構築を期待「今はチームの力が強すぎる」

ここから本文です
 昨年の最終戦アブダビGPでは、決勝レース終盤のセーフティカー解除時の手順について、今も論争が続いている。これを受けてマクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、F1チームの首脳陣が、FIAのレース運営に大きな影響を及ぼすような状況は変更するべきだと語った。

 F1アブダビGPのレース終盤にセーフティカーが出動した際、当初レースディレクターのマイケル・マシは、周回遅れのマシンをリードラップに戻すことなくレースをリスタートすると指示を出した。

おすすめのニュース

サイトトップへ