サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜローマ教皇は「マツダ3」を選んだ? カタログに無いモデルを選択した訳とは

ここから本文です

なぜローマ教皇は「マツダ3」を選んだ? カタログに無いモデルを選択した訳とは

■特別なマツダ3をローマ教皇が選んだワケとは

 約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇が2019年11月23日に来日。ローマ教皇の来日は、1981年の第264代教皇ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり2度目となります。

350馬力の「マツダ3」発表! 見るからに速そうなモンスターマシンとは

 そんななか、広島に訪れた際に、マツダの新型「マツダ3(セダン)」に乗られていましたが、じつは通常のカタログには載っていないモデルでした。どんなクルマだったのでしょうか。

 翌24日は被爆地の長崎を訪れ、核廃絶に向けたメッセージを発表しましたが、長崎県営球場でのミサで乗っていたのはトヨタの「MIRAI」がベースのオープンカー「パパモビーレ」です。

 このモデルはいわば教皇の業務車であり、環境問題を重視する教皇の意向で製作されたそうです。

 その後、長崎から広島へ飛行機で移動した教皇は、平和記念公園でおこなわれる「平和のための集い」に参加されましたが、その際の移動車はマツダ「マツダ3(セダン)」でした。

 恐らく、「広島繋がり」で選ばれたのは間違いありませんが、なぜフラッグシップの「マツダ6」や、より広いクロスオーバーの「CX-8」ではなくマツダ3だったのでしょうか。

 庶民派として知られる教皇は、移動時には小さなモデルを要望されることが多いそうです。バチカン市国の移動はフォード「フォーカス」を使用。

 2014年に韓国を訪れた際に乗ったクルマは、KIAのコンパクトハッチバック「SOUL」でした。そんな経緯もあり、ボディサイズと居住性とのバランスからマツダ3が選択されたのでしょう。

 ただ、通常のカタログモデルにはない特別なモデルがベースとなっています。

 マツダ3のセダンタイプのなかでも、もっともベーシックなグレードは、2リッターガソリンエンジンを搭載する「20Sプロアクティブ」の251万5741円です。

 しかし、法人やレンタカー向けの「15C」というグレードが存在します。装備の簡略化(ステアリングが革巻き→ウレタン、ホイールがアルミ→スチールなど)だけでなく、セダン唯一となる1.5リッターのガソリンエンジンを搭載したモデルで価格は200万円を切るそうです。

 マツダの関係者によると、「質素を良しとする」ことで知られる教皇の御意向からこのグレードが選択されたといいます。

 ボディカラーは、ディープクリスタルブルーマイカで通常の15Cと異なるのは、左フロントに装着された旗用のポールと上級モデルと同じ215/45R18タイヤ+18インチアルミホイールを装着していることです。

 これは、一般向けではない15Cであることのカモフラージュに加えて、「映え」も気にしたのではないでしょうか。

 ちなみにナンバープレート「SCV 1」はローマ教皇専用車を表しています。

 マツダ3の開発主査・別府耕太氏は「非常に光栄なことです。これをキッカケに『マツダ3』に興味を持っていただけると嬉しいですね」と語ってくれました。

 もしかしたら、これをキッカケに特別限定車「15 ROMA」が登場する可能性もあるかもしれませんね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します