サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダウンフォースを削ったレッドブル、”削れなかった”メルセデス。ウルフ代表「単純にペースが負けている」

ここから本文です
 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1フランスGPの予選でポールポジションを獲得。これまでメルセデスが圧倒的な強さを見せてきたポール・リカールで、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出ることに成功した。

 両者の予選でのベストセクタータイムを比較すると、セクター1ではハミルトンの方が0.031秒速かった。ただセクター2、セクター3ではフェルスタッペンがそれぞれ0.128秒、0.161秒の差をつけた。セクター2はミストラル・ストレートを含む直線成分の多いセクターであり、セクター3は中高速コーナーの多い区間となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン