サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選の“紳士協定破り”横行にセルジオ・ペレス怒り「どんどん悪くなってきている」

ここから本文です

 F1の予選はレースでの優勝を狙うに向けて重要なものであるが、その予選中のドライバーの振る舞いについてレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが不満をぶちまけている。

 ペレスが不満を抱いているのは、明文化されていない予選中の“紳士協定”の遵守についてだ。

■レッドブル&ホンダ、メルセデスの”復活”警戒。フェルスタッペン「彼らが普通のコースで速いのは分かっている」

 予選では各ドライバーがアタックの順番待ちをする際に、コース上でオーバーテイクして割り込むことをしないという紳士協定が存在する。しかし今シーズンはこの点で何度か問題が発生してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン