サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 激似過ぎ! 日産 新型エクストレイル、実は2年前からコンセプトカーでデザインを“匂わせ”ていた!

ここから本文です

激似過ぎ! 日産 新型エクストレイル、実は2年前からコンセプトカーでデザインを“匂わせ”ていた!

2020年6月に世界デビューを果たした4代目新型エクストレイル。日産は2年前からそのデザインを“匂わせていた”ってご存知でしたか!?>>2018年から新型エクストレイルを「予告」していたコンセプトカーの画像と改めて見比べてみましょう。

2年前のコンセプトカーから改めて探る新型エクストレイルのデザイン

タフギアからシティ派SUVに進化したエクストレイル! 新型の日本導入前に歴代モデルを振り返り

力強くなったVモーショングリル、ヘッドライトはブーメランから2段式へ“進化”

日産のコンセプトカー「XMotion」(クロスモーション)は、2018年1月に開催された北米自動車ショー(デトロイトモーターショー2018)に出展されたSUVのコンセプトカー。力強い形状に変化した日産独自のVモーショングリルと、ブーメラン型ヘッドライトが印象的です。

そもそもXの文字はX-TRAIL(エクストレイル)を想起させ、発表時のプレスリリースにも『2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しています』と明記するなど、匂わせまくり。特定の車種は示していませんが、次期エクストレイル/ローグの予告版というのは見た目からもわかります。

そしてこちらが4代目となる新型エクストレイル(ローグ 2021年モデル)。2台を並べてみると、なるほど全体のフォルムはクロスモーションの雰囲気が受け継がれているのがわかります。Vモーショングリルの形状も継承されたいっぽう、ブーメラン型ヘッドライトが上下2段の分割型へと変化していたりと、新型エクストレイル独自の新たな表現も加えられています。

コンセプトカーは大胆でわかりやすい、でも市販版ではもっと繊細に!

タフでワイルドな雰囲気を強調しているクロスモーションのリアビューは、ある意味「わかりやすい」デザイン。そのデザイン思想自体はフロント同様に市販版のエクストレイルへと上手く継承されています。

リアサイドから見ても、前後フェンダーの立体感やリアドア後ろの窓形状などは同じデザイン思想で描かれていることがわかります。見比べてみると、むしろ市販版の新型エクストレイルのほうが、繊細で凝った形状に練り上げられていることが、光の陰影などから伝わってきますね。

インテリアも実はかなり“匂わせて”いた!

コンセプトカーのクロスモーションは、いかにもショーモデルらしい華やかな加飾が散見されます。左右に開く観音開きドアを備えているのも、壇上からでも室内を良く見せるための演出。

ここで注目したいのは、3列シートレイアウトで構成されている点。中央でセンターコンソールが前後に縦断していることもあり、2列目は左右独立式。「4+2レイアウト」と日産では表現しています。新型エクストレイルでは3列シート仕様の有無はまだ明らかにされていません。現行型(3代目)エクストレイルでは3列シート仕様が設定されていることもあり、気になるところです。

いっぽうの新型エクストレイルですが、インパネのゆるやかなRの具合や楕円の形状がコンセプトカーと同意匠であることに気付きます。シート形状自体はコンセプトカーほど攻めてはいませんが、高級感が格段にアップしています。

コンセプトカーで長い時間をかけた予告プロモーションを行っていた!

いかがでしたか。こうして見ると、日産がコンセプトカー「クロスモーション」に新型エクストレイルのデザインを匂わせるデザインテイストを加え、予告編のような役割を与えていることがわかります。

実はこのような事例は他社も含めたくさんあるんですよ。今後、モーターショーなどのデザインコンセプトカーを見る目が変わってくるかもしれませんね。

[筆者:トクダ トオル(NOTA編集部)]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します