サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、最後尾からいざ決勝へ「昨晩はあまり眠れなかった。マシンを信じて、全力で挑む」|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

ここから本文です

 F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q1でクラッシュを喫し、決勝は最後尾からスタートすることになる角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)。彼はレース前に取材に応じ、1周目にできるだけポジションを上げていきたいと語った。

 角田は予選Q1の最初のアタックで、バリエンテ・アルタ(ターン14~15のシケイン)でミス。マシンのリヤから、コース脇のウォールにクラッシュしてしまった。これにより角田はノータイムで予選を終えることになり、この時点で最後尾グリッドとなることが確定した。

■角田裕毅、予選Q1で痛恨のクラッシュ「プッシュしすぎた……馬鹿げたミスだった」

 角田はこのミスを「馬鹿げたモノ」だと語り、悔やんだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン