サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイエースの中からクルマが登場!? BMW最小の「イセッタ」を愛する熟練オーナーの楽しい「バブルカー」ライフ

ここから本文です

戦後BMWの経営を救ったマイクロカー「イセッタ」

 第二次世界大戦後の復興期、ヨーロッパでは庶民の足として数々の超小型なクルマが生み出された。なかでもひと際ユニークな存在が、ボディのフロントを冷蔵庫のように開けて乗り降りするふたり乗りの3輪車「イセッタ」だ。同時代の「メッサーシュミット」や「ハインケル・カビーネ」などとともに、「バブルカー」と呼ばれたりもする。

顔なのかお尻なのか? 前後不明の「不思議すぎる」デザインのクルマ4選

「浅間サンデーミーティング」6月はドイツ&北欧がテーマ

 毎月第3日曜日の朝、浅間山のふもとの「鬼押出し園」駐車場で開催されている趣味なクルマの集会が「浅間サンデーミーティング」だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン