サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > アストンマーティン、SUVの「DBX」や、「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を東京オートサロンで披露

ここから本文です

アストンマーティン、SUVの「DBX」や、「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を東京オートサロンで披露

イギリスの高級スポーツカーブランド、アストンマーティンは東京オートサロン2020に出展し、同ブランド初のSUV「DBX」や、スーパーGT「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を披露すると発表した。

DBXは、全長5039mm×全幅1998mm×全高1680mmのボディを持つ2列シートのSUV。エンジンは、4リッターV8ツインターボを搭載し、最高出力550ps、最大トルク700Nmを発生。トランスミッションは9速ATが組み合わされる。0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は291km/hに達し、SUV離れしたスーパーカー並みの高性能を誇る。

シャシーは、アダプティブダンパーを組み合わせた電子制御式エアサスペンションを採用。乗り心地とハンドリングの両立を図るとともに、荷物や乗員の有無に関わらず、常に車体をフラットに保つ。また車高を45mm上昇させたり、50mm下降させることが可能で、乗り降りや荷物の積載時にも強みを発揮する。

一方のDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテは、5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップ、DBSスーパーレッジェーラのオープン版にあたるモデルだ。エンジンスペックは、最高出力725ps、最大トルク900Nmを発生。0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は340km/hと公表される。

ルーフは、静粛性や耐熱性を高める8層構造のソフトトップを採用しており、見た目が優雅なだけではなく、快適性にも配慮がなされている。ルーフ開閉に要する時間は約15秒。クルマから2m以内であればリモコン操作による開閉も可能。高性能かつ最上級という最上級の美徳を備えたモデルだ。

アストンマーティンブースは、中ホール5。2台のきらびやかなスーパースポーツ/SUVに興味ある人は要チェックだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します