サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサスESがマイナーチェンジ。安全装備の拡充やハイブリッドバッテリーのリチウムイオン電池化を実施

ここから本文です

レクサスの上級サルーン「ES」が一部改良を敢行。デジタルアウターミラーをはじめとする安全装備の拡充や駆動用リチウムイオンバッテリーの採用などで商品力をアップ

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは8月6日、上級ハイブリッドセダン「ES」の一部改良を行い、同日より発売した。
車種展開は以下の通り。
ES300h:599万円
ES300h“version L”:713万円
ES300h“F SPORT”:648万9000円

レクサスRXが安全装備と機能装備の拡充をメインメニューとした商品改良を実施

 今回の商品改良は、安全装備の充実化やパワートレインの仕様変更などがメインメニューだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ