サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パワー競争は止まらない!? 国産スポーツカーから輸入車まで!!! カテゴリー別「馬力王」選手権

ここから本文です

パワー競争は止まらない!? 国産スポーツカーから輸入車まで!!! カテゴリー別「馬力王」選手権

 クルマ好きにとって「馬力」という言葉は何物にも代え難い魅力を持つ「魔物」だ。

 アクセルを踏み込んだ時に生まれる、体をシートに押し付けてしまうかのような強靭なパワー。その魅力に一度取り憑かれてしまったら最後、環境規制だの時代の流れだの、のっぴきならない事情は重々理解しつつも、逃れることはできない。

電動化で車の「顔」変化? フロントグリルは消滅するのか

 ここではそんな野放図な魅力を内包した「馬力王」たちを、カテゴリー別・ランキング形式でご紹介。下火になった感のあるパワー競争だが、じつは大馬力のモデルが、各カテゴリーに投入され続けているのだ。

※本稿は2021年4月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年5月10日号

【画像ギャラリー】国産ナンバー1は譲らない!!! 日産GT-R NISMOの最新モデルをギャラリーでチェック!!!

■国産スポーツ馬力王

 まずはスポーツ系モデルの馬力王ランキングだが、やはりというか、日産のGT-Rがトップ2を獲得した。1位はニスモチューンのGT-Rで、ノーマル仕様を押さえて堂々の戴冠。とはいえ2位のGT-Rも570psを発生するモンスターではある。

 同じくレクサスLFAもランクイン。このあたりは順当といえるが、6位のNSXには注意が必要だ。ランク表に記された507psはエンジンのみの出力で、ハイブリッドカーであるNSXの電動モーターを合わせたシステム最高出力は581psで2位となる。

●1位:日産GT-R NISMO 2020(2019年)/日産GT-R NISMO(2014年)600ps/6800rpm

 R35型GT-RをワークスレースチームNISMOがチューン。NISMO専用のVR38型エンジンにはGT3タービンやインジェクター駆動回路が装備され、大出力を達成。

日産 GT-R NISMO

●2位:日産GT-R(2019年)570ps/6800rpm

 2007年にスカイラインシリーズから脱却し、独立したスペシャルティカーとなったR35型GT-R。VR38DETT型エンジンは年々改良が施され、2019年発売モデルでは570psをマーク。

日産 GT-R(2019年)

●レクサス LFA(2010年)560ps/8700rpm

 レクサスブランドから2010~2012年に200台のみ製造されたスーパースポーツカー。フロントミドシップに4.8LのV10エンジンを搭載し、自然吸気式ながら560psを発生。

レクサス LFA(2010年)写真は標準タイプ

●10位までをチェック!
・4位…日産 GT-R(2011年)/550ps/6400rpm
・5位…日産 GT-R(2010年)/530ps/6400rpm
・6位…ホンダ NSX Sport-Hybrid SH-AWD(2016年)/507ps/7500rpm
・7位…日産 GT-R(2009年)/485ps/6400rpm
・8位…レクサスRC F(2019年)/481ps/7100rpm
・9位…日産 GT-R(2007年)/480ps/6400rpm
・10位…レクサスLC(2020年)/477ps/7100rpm

■国産コンパクトカー馬力王

 続いてはコンパクトカーのランキング。実用性が重視されるカテゴリーのため、あまりパワーのあるイメージはないが、実はけっこうな最高出力を誇るモデルが多い。

 ということで、1位はGRヤリスRZが獲得。しかも2位以下に圧倒的な差を付けてのトップだが、これはこのモデルが本来世界ラリー選手権の公認取得用モデルであることを考えれば当然。

 2位のヴィッツGRMN、3位のマーチボレロA30&ヴィッツTRDターボも、やや特別な一台だが、5位以降にはなじみのモデルも顔を出す。

●1位:GRヤリスRZ(2020年)272ps/6500rpm

 GR(GAZOO Racing)が開発したヤリスのスペシャルモデル。通常のヤリスと名称や外観イメージこそ同じだが、実際は異なる車種といえる。

GRヤリスRZ(2020年)

●2位:トヨタ・ヴィッツGRMN(2018年)212ps/6800rpm

 トヨタのチューニングブランド・GAZOO Racingが、トヨタの世界ラリー選手権復帰を機に開発。1.6L直4エンジンにスーパーチャージャーが装着される。

トヨタ・ヴィッツGRMN(2018年)

●3位:日産 マーチボレロ A30(2016年)150ps/7000rpm

 設立30周年を記念し、オーテックが4代目マーチのボレロをベースに作り上げたコンプリートカー。搭載する1.6Lエンジンには5速MTが組み合わされる。全幅は1810mm。

日産 マーチボレロ A30(2016年)

●10位までをチェック!
・3位…トヨタ ヴィッツTRD Turbo-M(2008年)/150ps/6000rpm
・5位…日産 ノートNISMO[NISMO S専用チューン](2010年)/140ps/6400rpm
・5位…ダイハツ YRV(2004年)/140ps/6400rpm
・7位…トヨタ スターレットGlanza-V (1997年)/135ps/6400rpm
・7位…トヨタ スターレットGT (1994年)/135ps/6400rpm
・9位…ダイハツ ブーンX4(2006年)/133ps/7200rpm
・10位…ホンダ フィットRS(2013年)/132ps/6600rpm

■国産SUV馬力王

 重量のあるSUV(スポーツユーティリティビークル)にとって、馬力が大きいことのメリットは多い。もちろん、大馬力は悪路でも有利に働く。ここではクロカン系SUV車の馬力をチェックしてみたが、国産モデルでも300ps超えが2台あり、トップ10の最終ランカーであっても245psと強力なラインナップ。

 SUVの馬力王はレクサスLX。高級志向のこのモデルが1位を獲得し、2~3位には、SUV代表格のランドクルーザーが続いた。4位に顔を出したのは三菱のダカールラリー用ホモロゲモデルであるパジェロエボリューション。MTも用意されていた。

●1位:レクサスLX(2015年)377ps/5600rpm

 レクサス製SUVのフラッグシップモデル。5.7L V8エンジンは377psを誇り、54.7kgmのトルクが約2.7tの車体を軽々と加速させる。これだけの性能があれば、もはや走れぬ道などない?

レクサスLX(2015年)

●2位:トヨタ ランドクルーザー(2009年)318ps/5600rpm

 世界的なクロスカントリーモデルとして知られるランドクルーザーの現行型がSUV馬力王2位を獲得。1位のLXと同じV8エンジンを搭載するが、排気量は4.6LとLXより小さい。

トヨタ ランドクルーザー(2009年)

●3位:トヨタ ランドクルーザー(2007年)288ps/5400rpm

 歴代モデルよりも豪華さをアップした、9代目200系ランドクルーザー前期型にもパワフルなエンジンが積まれている。心臓部の2UZ-FEエンジンは、’80年代末に登場した4663ccのV8型。

トヨタ ランドクルーザー(2007年)

●10位までをチェック!
・4位…三菱 パジェロエボリューション(1997年)/280ps/6500rpm
・4位…トヨタ ヴァンガード(2007年)/280ps/6200rpm
・6位…トヨタ ランドクルーザー プラド(2009年)/276ps/5600rpm
・7位…ホンダ MDX(2005年)/265ps/5800rpm
・8位…レクサス RX(2017年)/262ps/6000rpm
・9位…三菱 パジェロ(2010年)/252ps/6000rpm
・10位…トヨタ ランドクルーザー プラド(2005年)/249ps/5200rpm

■国産ミニバン馬力王

 ミニバンの馬力王はどのクルマだ? ミニバンの正確な定義はないものの、今回のトップ10はどれも正真正銘のミニバンと言っていい。

 見事このカテゴリー1位に輝いたのは、多くの人が予想したであろうヴェルファイア&アルファード。攻撃的なルックスのヴェルファイアは、エンジンもパワフルで、ミニバンの欠点でもある車重の重さを補うパワーを発揮する。1位の2017年登場モデルだけでなく、2015年仕様も3位にランクインした。

 2位につけたのはホンダ エリシオン プレステージ。3.5L V6エンジンが300psを発生させる。

●1位:トヨタ ヴェルファイア/アルファード(2017年)301ps/6600rpm

 3.5Lの2GR-FKS型直噴DOHCエンジンから生み出されるパワーはなんと301psで、写真のヴェルファイアと、共通プラットフォームを持つアルファードに搭載される。

トヨタ ヴェルファイア/アルファード(2017年)

●2位:ホンダ エリシオンプレステージ(2010年)300ps/6200rpm

 日本国内では、2013年まで販売されていたホンダ エリシオン プレステージがわずか1psの差で2位に。3.5L V6エンジンはトルクを重視した特性ながら馬力も大きい。

ホンダ エリシオンプレステージ(2010年)

●3位:日産 エルグランド(2010年)280ps/6400rpm

 3位には同出力で3車が並んだ。写真はエルグランドだが、ヴェルファイア&アルファード、エスティマも280psを発生。なお、すべて280馬力規制解除後のモデルだ。

日産 エルグランド(2010年)

●11位までをチェック!
・6位…ホンダ エリシオン(2004年)/250ps/6000rpm
・7位…マツダ MPV(2006年)/240ps/6000rpm
・7位…日産 エルグランド(2002年)/240ps/6000rpm
・7位…ホンダ ラグレイト(2001年)/240ps/5500rpm
・10位…日産 プレサージュ(2003年)/231ps/5600rpm
・11位…三菱 シャリオ(1995年)/230ps/6000rpm
・11位…日産 リバティ(1999年)/230ps/6000rpm

■国産ハイブリッド&EV馬力王

 ブレーキやエンジンのエネルギーを利用して発電を行い、その電力を走行用モーターに活用するのがハイブリッド車。そして、車載されたバッテリーと電動モーターのみで走るのがEV(電気自動車)だ。

 この項では、ハイブリッドとEVを同時に掲載するが、さすがに馬力では、内燃エンジンと電動モーターのパワーを合算できるハイブリッドが圧倒している。しかし、純粋なEVで馬力王となる日産リーフも、電動モーターだけで218psのハイパワーを発揮するという健闘を見せた。

 現在、完全な国産EVは台数が少ないため、今回のランキングはトップ7までとなってしまったが、将来的には馬力アップが期待できそうだ。

●1位(ハイブリッド):ホンダ NSX(2016年)581ps/6500~7500rpm

 2代目NSXがハイブリッド馬力王に。V6エンジンだけでもパワフルだが、これに合計3基搭載されるモーターの出力を合わせたシステム最高で581psを発生。

ホンダ NSX(2016年)

●10位までをチェック!
・2位…レクサスLS600h(2007年)/394ps/6400rpm
・3位…トヨタ センチュリー(2018年)/381ps/6200rpm
・4位…ホンダ レジェンド(2015年)/314ps/6500rpm
・5位…日産 スカイライン(2014年)/306ps/6800rpm
・5位…三菱 ディグニティ(2012年)/306ps/6500rpm
・7位…日産 シーマ(2012年)/306ps/6800rpm
・7位…日産 フーガ(2010年)/306ps/6800rpm
・9位…トヨタ クラウン(2018年)/299ps/6600rpm
・10位…レクサスLS(2017年)/299ps/6600rpm

●1位(EV):日産 リーフe+ X/e+ G(2019年)218ps/4600~5800rpm

 充電式バッテリーでモーターを駆動する日産リーフ。2代目のZE1型は、大容量型バッテリー搭載モデルのリーフe+でさらなるパワーアップを実現した。

日産 リーフe+ X/e+ G(2019年)

●7位までをチェック!
・2位…トヨタMIRAI(2020年)/134kW(182ps)
・3位…日産リーフ NISMO(2017年)/110kW(150ps)
・4位…マツダ MX-30 EV(2021年)/107kW(146ps)
・5位…ホンダHonda e(2020年)/100kW(136ps)
・6位…日産e-NV200ワゴン(2014年)/80kW(109ps)
・7位…三菱i-MiEV X(2018年)/47kW(64ps)

■輸入車馬力王 ※ハイブリッド・限定車は除く

 馬力王選手権の最後を飾るカテゴリーは輸入車。こちらのランキングでは、やはり「スーパーカー」が上位を占めているが、SUV車のジープ グランドチェロキー・トラックホークが5位と唯一のトップ10入り。

 10位までのランキングに登場するのはランボやフェラーリ、アストン、マクラーレンなどスーパースポーツカーで、そのラインナップも壮観だが、馬力も670ps越えを果たしているのに驚かされる。国産車ナンバーワンのR35型GT-Rも、残念ながらこのランキングではトップ10に残れない。

●1位:ランボルギーニ アヴェンタドール(2015年)75ops/8400rpm

 圧巻の1位はランボルギーニ。伝統のV12エンジンはターボやハイブリッドでもない自然吸気式だが、ライバルのフェラーリを押さえて輸入車馬力王に輝いた。

ランボルギーニ アヴェンタドール(2015年)

●2位:フェラーリ F12 ベルリネッタ(2014年)741ps/8250rpm

 2位は世界最速のFR車ことF12ベルリネッタ。フロントミドシップに搭載された6262cc V12エンジンが、歴代フェラーリ製ロードカーのなかで最大出力を発揮。

フェラーリ F12 ベルリネッタ(2014年)

●3位:アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ(2018年)725ps/6500rpm

 アストンマーティンとイタリア・ミラノのカロッツェリア・トゥーリングとのコラボで誕生したモデル。V型12気筒、5.2Lツインターボは725ps/6500rpmを発生し、最高速度は340km/hに達する。

アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ(2018年)

●10位までをチェック!
・4位…マクラーレン 720S(2017年)/720ps/7250rpm
・5位…JEEP グランドチェロキー トラックホーク(2019年)/710ps/6200rpm
・6位…ランボルギーニ アヴェンタドール(2011年)/700ps/8250rpm
・7位…フェラーリ 488スパイダー(2015年)/670ps/8000rpm
・8位…フェラーリ 488GTB(2015年)/670ps/8000rpm
・9位…ランボルギーニ ムルシエラゴ(2009年)/670ps/8000rpm
・10位…フェラーリ 599GTO(2010年)/670ps/8250rpm

【画像ギャラリー】国産ナンバー1は譲らない!!! 日産GT-R NISMOの最新モデルをギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します