サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサス、次世代EVを骨組みだけで表現…実物大アート作品発表

ここから本文です
レクサスは12月1日、米国フロリダ州で開幕した「デザイン・マイアミ」において、次世代コンセプトEVの『LF-Zエレクトリファイド』(LEXUS LF-Z Electrified)をモチーフにしたアート作品「ON /」を初公開した。

◆一部の骨組みにはLED照明を埋め込む
アート作品の「ON /」は、アーチストのジャーメイン・バーンズ氏と、マイアミ大学の学生が共同で製作したもの。実物大のLF-Zエレクトリファイドを骨組みだけで立体的に再現した。一部の骨組みには、LED照明が埋め込まれており、フレームが光るように設計されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン