サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最年長F1ドライバーになったアロンソ。積み重ねた日々は「アドバンテージになる」

ここから本文です

 F1復帰2年目のシーズンを迎えるフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は、新レギュレーションが導入される2022年シーズンに、自身の長いキャリアが役に立つだろうと考えている。

 アロンソは昨年の7月で40歳の大台を迎えた。そして、キミ・ライコネンが2021年限りで引退したため、2022年シーズンは最年長ドライバーとして迎えることになる。彼に次ぐ年長のドライバーは、37歳のルイス・ハミルトン(メルセデス)である。

■かつては色々あったけど……アロンソ「ホンダのF1離脱は残念」

 アロンソは2001年にミナルディからF1デビュー。

おすすめのニュース

サイトトップへ