サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第6回】ミディアムでの走行はほぼ完璧。入賞届かずも、レースペースの良さが光る

ここから本文です
 2020年シーズンで5年目を迎えたハースF1チームと小松礼雄エンジニリングディレクター。第4戦イギリスGPは予想通り厳しい週末となったが、今回もレースペースの良さが光った。決勝レースではライバル勢とは異なる戦略を採用したハースだが、そんな現場の事情を小松エンジニアがお届けします。

おすすめのニュース

サイトトップへ