サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【マツダ MX-30 EV】「自操車」にプチ試乗、ただの「福祉車両」ではない新たな価値とは

ここから本文です

◆マツダの「自操車」にプチ試乗

マツダ『MX-30 EVモデル』ベースの自操車は、非常によく考えられている。アクセルリングと手動ブレーキの欧州方式で、走行中は両手でステアリングホイールが握れるだけでなく、フットブレーキを踏みながら始動させれば、通常のクルマとしても運転が可能になる。

プロトタイプ車につき、マツダR&D構内を短時間、低速で試乗した。手動で行なうアクセル操作とブレーキ操作は、誰でもそうだが始めは感覚を掴む必要がある。が、慣れ次第で自在に走らせられそうだし、何よりEVのスムースな動力性能がこの運転方式に見合っているのを感じた。

おすすめのニュース

サイトトップへ