サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選2番手に悔しさ見せる宮田莉朋。まさかのMOTUL GT-RにARTA NSX…アタック直後に聞くドライバーの声【第4戦GT500予選】

ここから本文です

 2カ月ぶりに行われたスーパーGT、第4戦ツインリンクもてぎの予選は3メーカーにタイヤ4メーカーが上位に入り乱れて拮抗する、僅差の戦いとなった。久々のGTでの予選アタックに、実績の少ない7月の猛暑のもてぎでの走行と難しい条件が重なるなか、予選を終えて話を聞くことができたドライバーたちの声をまとめた。

 まずは予選2番手のフロントロウを獲得したWedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋。宮田は前回の第2戦でGT500初ポールを獲得したばかりで、もう少しで2戦連続のポールも見えてた。

「予選のパフォーマンスを上げることが今年の課題でした」と山本尚貴【第4戦GT500予選会見】

「(ポールまで)あと一歩、足りなかったですね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン