サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最新“Mの美学”ここにアリ、BMW M3コンペティション【Car as Art !】

ここから本文です

最新“Mの美学”ここにアリ、BMW M3コンペティション【Car as Art !】

縦長グリルは原点回帰!?

第6世代となる、G80型M3が日本に上陸した。最高出力510ps、最大トルク650N・mを発揮するM社謹製S58型3L直6ツインターボエンジンに8速ATを組み合わせるモデル。駆動方式はFRと、M3としては初となる四輪駆動(xDrive)モデルが設定されている。

BMW M3セダン(3代目、G80型)のカタログを見る

実車に対面すると、いやが上にも目を奪われるのは大きなキドニー・グリルだ。近年のBMWは7シリーズで、先代比約40%もの面積アップを実施するなどキドニー・グリルの拡大に積極的だった。そして2019年のフランクフルトモーターショーで、現行型4シリーズのコンセプトモデルである「コンセプト4」を披露し、この大きな縦長のキドニーグリルの導入を示唆していた。

そして翌年、新型4シリーズは宣言どおりこの大きな縦長のキドニー・グリルを携えて登場した。ちなみにこのグリルのルーツは、1933年、BMWとして初のオリジナル四輪車として登場した「303」にある。当時、グリルといえば大きな1枚ものが一般的だったが、他車との差別化を図るために2分割したことがキドニー・グリルの始まりだったという。

その後、キドニー・グリルのデザインは縦長から四角や横長など、時代とともに変化を繰り返していくことになるが、再び縦長へと原点回帰してきたというわけだ。この新たな4シリーズ顔を、セダンで唯一身につけているのが、新型M3ということになる。

新型M3/M4のキドニー・グリルは、M専用のデザインとして、フレームレスのオールブラック仕様で、ダブルバーと呼ばれる横桟を配している。このグリルの背後に、大量の冷却用エアが必要なパワフルなエンジンを搭載していることを暗示するものという。

また、グリルの左右には、ドライブトレインとブレーキシステムの冷却を最適化するため大きなインテークが追加され、ボンネット上にもグリルと一連のものとなるへこんだデザイン処理が施されており、より立体的な印象を与えている。 フロントにばかり目を奪われがちだが、カーボンルーフやフロントからリアへと続くブラックシルなどM専用のデザインエレメントが、エクステリアを引き締めている。

ベース比で全幅80mm、トレッドは35mmも拡大しており、前後フェンダーまわりの抑揚のある造形を目の当たりにすれば、ベースの3シリーズとはまったくの別物だということがわかる。もちろん見た目だけの話ではなく、Mモデルはシャシーなどに念入りな補強が施されていることはよく知られた話だ。 以前、BMW AGに在籍する日本人デザイナーの永島譲二氏にキドニー・グリルについて話を聞いたことがある。i3やi8といった電動車では、機能的にはグリルは必要ない。実際にテスラなどは、グリルレスのデザインをメーカーの個性としている。そうした中で、キドニー・グリルのないBMWモデルは考えられないのかと。永島氏の答えはこうだった。

「そういう議論はもちろんあります。しかし、まず大前提としてBMWに見えなければならない。説得力のある代わりになるものができるのであれば、もちろん歓迎します」

キドニー・グリルの歴史は実に88年にも及ぶ。冷静に考えれば、これほどのデザインアイコンは他にないと言えるだろう。電動化が声高に叫ばれる時代において、最後になるかもしれない純粋な6気筒の内燃エンジンを搭載するMモデルに、BMWにとって重要なヘリテージを最大化して提示してみせたのはある意味で、歴史的必然と言えるのかもしれない。 文/藤野太一、写真/郡大二郎BMW M3セダン(3代目、G80型)の中古車を探す▼検索条件BMW M3セダン(3代目、G80型) × 全国【試乗車 諸元・スペック表】●コンペティション型式3BA-32AY30最小回転半径5.2m駆動方式FR全長×全幅×全高4.81m×1.91m×1.44mドア数4ホイールベース2.86mミッション8AT前トレッド/後トレッド1.62m/1.61mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量1740kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量2015kgミッション位置フロア最低地上高0.12mマニュアルモード◯  標準色アルピン・ホワイトIIIオプション色ブルックリン・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、サンパウロ・イエローメタリック、アイル・オブ・マン・グリーンメタリック、ポルティマオ・ブルーメタリック、トロント・レッドメタリック、フローズン・ブリリアント・ホワイトM、オキサイド・グレーメタリック、ドラバイト・グレーメタリック、フローズンポルティマオブルーメタリック、タンザナイト・ブルーメタリック掲載コメント-型式3BA-32AY30駆動方式FRドア数4ミッション8ATAI-SHIFT-4WS-標準色アルピン・ホワイトIIIオプション色ブルックリン・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、サンパウロ・イエローメタリック、アイル・オブ・マン・グリーンメタリック、ポルティマオ・ブルーメタリック、トロント・レッドメタリック、フローズン・ブリリアント・ホワイトM、オキサイド・グレーメタリック、ドラバイト・グレーメタリック、フローズンポルティマオブルーメタリック、タンザナイト・ブルーメタリックシート列数2乗車定員5名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径5.2m全長×全幅×全高4.81m×1.91m×1.44mホイールベース2.86m前トレッド/後トレッド1.62m/1.61m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量1740kg最大積載量-kg車両総重量2015kg最低地上高0.12m掲載用コメント-エンジン型式S58B30A環境対策エンジン-種類直列6気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器ターボ燃料タンク容量59リットル可変気筒装置-燃費(10.15モード)-km/L総排気量2992cc燃費(WLTCモード)10km/L└市街地:6.9km/L└郊外:10.4km/L└高速:12.1km/L燃費基準達成-最高出力510ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm650(66.3)/5500エンジン型式S58B30A種類直列6気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置-総排気量2992cc最高出力510ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm650(66.3)/5500環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量59リットル燃費(10.15モード)-km/L燃費(WLTCモード)10km/L└市街地:6.9km/L└郊外: 10.4km/L└高速: 12.1km/L燃費基準達成-

BMW M3セダン(3代目、G80型)のカタログを見るカーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します