サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最新レクサスISの頭抜けたバランス感覚は、欧州御三家を凌駕したといえるのか

ここから本文です

最新版はフルモデルチェンジに匹敵するリファインを実施

 最近は新型車に注目が集まりがち。モデルライフ8年目で2度目のマイナーチェンジを受けたモデルなど、目立たなくて当然だ。けれどもレクサスのスポーツサルーン、ISは別格。クルマ好きの琴線に触れる高い完成度の持ち主である。

レクサスのハイパフォーマンスクーペ「RC F」が一部改良を実施

 最新モデルは、ほぼすべてのボディパネルを刷新。フロントメンバーのスポット打点追加、Cピラーからルーフサイドにかけての構造最適化など、各部を徹底的にリファインした。改良内容は、ほとんどフルチェンジ級だ。
 なぜマイナーチェンジと表現するのか? それはプラットホームが従来と共通だからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン