サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱自動車が本年初頭の発売を予定する新型軽EVのコンセプトモデルを初公開

ここから本文です

三菱自動車が本年初頭の発売を予定する新型軽EVのコンセプトモデルを初公開

既存のeKクロスを基調とするSUVテイストのスタイリングを纏った軽規格のEVコンセプトカー「K-EVコンセプト・Xスタイル」が登場。市販モデルは本年初頭にリリース

 三菱自動車は2022年1月14日、東京オートサロン2022において本年初頭の発売を予定する新型軽EVのコンセプトモデルのK-EVコンセプト・Xスタイル(K-EV concept X Style)を世界初公開した。

三菱アウトランダーPHEVがついに発売。先行受注では月販目標の約7倍を記録

 K-EVコンセプト・Xスタイルは取り回しのいい軽自動車の魅力と、滑らかで力強い加速と静かで上質な乗り心地という電気自動車の魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた、安心・安全で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVに仕立てたことが特徴である。
 エクステリアは、既存のeKクロスを基調としたSUVテイストのスタイリングに、クリーンなイメージのマットブルーのボディ色と、電気自動車のモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを採用。さらに、フロントバンパーやボディサイド、リアゲートには“X”のロゴを配する。このXは、軽ハイトワゴンにSUVテイストのイメージを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴している。

 肝心の充電口は、ボディの右リアサイドに配置。普通充電のほか急速充電にも対応し、この2つの口を縦に並べた。

 なお、三菱自動車は新型K-EVをeKクロスと同イメージのスタイルに仕立てたことに関して、「三菱自動車にとって今後のEVは特別なクルマではないというメッセージを、既存のガソリン車と同様のスタイルに込めた」とコメントする。もちろん、当初からEVパワーユニットの搭載を想定した軽自動車用プラットフォームとボディを採用していることも、外観イメージの共通化が図れた要因である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します