サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 安全運転啓発に、運転中の事故を体験できるVRコンテンツを理経が開発

ここから本文です
システムソリューションなどを手がける理経は10月14日、東京海上日動火災保険から受託した運転中の事故状況をVR(バーチャル・リアリティ)を活用して体験可能なコンテンツを開発したと発表した。東京海上のディーラー代理店で、ユーザー向け安全運転啓発用途で使用される。

開発したコンテンツは東京海上がもつ過去の事故事例の中で、発生頻度の高い「歩道からの飛び出し」や「右左折時の巻き込み事故」をVRで再現する。また、事故発生時に自動的にコールセンターとつながる新型ドライブレコーダー「ドライブエージェントパーソナル」の動作も映像内に反映されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ