サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、営業益5割減---コロナ禍や半導体不足が影響 2021年3月期決算

ここから本文です
SUBARU(スバル)は5月11日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大や半導体供給不足の影響を受け、営業利益は前期比51.3%減の1025億円となった。

全世界販売台数は、第2四半期以降、重点市場の北米を中心に販売が回復傾向となり、第3四半期は前年を上回る水準で推移したものの、第4四半期は主に半導体供給課題の影響を受け、通期として前期比16.8%減の86万台となった。海外販売台数は同16.5%減の75万8000台、国内販売台数は同19.1%減の10万2000台となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン