サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アグレッシブなオーナーに最適な小プジョーSUV! 2008にクリーンディーゼルが追加

ここから本文です

アグレッシブなオーナーに最適な小プジョーSUV! 2008にクリーンディーゼルが追加

 2021年のプジョー販売で2位に位置するコンパクトSUV「2008」に、新たなパワーユニットであるクリーンディーゼルが追加された。これにより、2008もプジョーが掲げる「パワー オブ チョイス」戦略の魅力である、ガソリン、ディーゼル、EVの3つから好きなパワーユニットを選べるようになった。

 エンジン車のメインとなるガソリン車との仕様の違いを始め、クリーンディーゼル投入とともに行われた小改良についても解説する。

空振り上等! 気合いは充分でした! 売れなかったけど痺れたクルマ6選

文/大音安弘、写真/ステランティス ジャパン

■新たな選択肢としてクリーンディーゼルを追加

 ステランティス ジャパンは、プジョーのコンパクトSUVに、クリーンディーゼル「Blue HDi」搭載車を追加することを発表した。価格は、390万~421万5000円となる。

1.5Lのクリーンディーゼルターボを搭載したプジョー2008

 プジョー2008は、プジョーSUVのエントリーでもあるBセグメントのSUVだ。但し、近年のBセグメントは、ベースを共有するBセグメントコンパクトカーとの差別化も図られており、ボディサイズとホイールベースを専用化して、キャビンとラゲッジスペースの最適化を図っているのがトレンド。

 2008のボディサイズは、全長4305×全幅1770×全高1550mm。ホイールベースは2610mmとなる。同じくBセグメントカーとなるプジョー206と比べると、全長+210mm、全幅+25mm、全高+85mm、ホイールベース+70mmとなり、大きすぎないのもポイントだ(※GTグレード同士の比較)。

■好評の1.5Lクリーンディーゼルターボエンジン

 新たに搭載されるのは、1.5L直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンだ。定番モデルの308をはじめ、新MPVのリフターなどの最新プジョー車だけでなく、新世代シトロエンでも広く使われ、定評のあるエンジンだ。

 最高出力130ps/3750rpm、最大トルク300Nm/1750rpmを発揮。燃費消費率は、20.8km/L(WLTC)となる。1.2L直列4気筒ターボのガソリンエンジンと比較すると、最高出力は同等だが、発生回転がより低くなるうえ、最大トルクに置いては、同じ回転数で70Nm増しに。

 だから、日常から高速走行までパワフルさが期待できる。もちろん、燃費消費率にも優れ、ガソリン車が17.1km/Lに対して、クリーンディーゼル車では、20.8km/Lを記録している。

1.5Lクリーンディーゼルターボは、プジョーとシトロエンの両方で新世代モデルに広く搭載される名エンジンだ

■新仕様の追加でATシフトが変更に

 クリーンディーゼル車の追加とともに、ガソリン車と合わせて変更されたのが、センターコンソールに備わるATシフトだ。従来までのシフトレバーからコンパクトなトグルタイプに変更。

 いずれも電子式シフトだが、新シフトは指先だけで、シフトポジションの変更が可能となった。このため、センターコンソール付近も、より広々としている。

センターコンソールからシフトレバーが消えたことで、車内空間もより広々とした印象に

■ディーゼルモデルは、GTグレードのみに

 2008のガソリン車とEVの「e-2008」は、コンフォートな「アリュール」とスポーティな「GT」の二本立てとなるが、クリーンディーゼルは「GT」グレードのみに。GTグレードの特徴は、フルLEDヘッドライト、スポーティフロントグリル、ブラックダイヤモンドルーフ、フロントシートヒーター、アルカンタラ&テップレザーのダイナミックシート、フロアマットなどが標準となる。

 もちろん、衝突被害軽減ブレーキなどの先進の安全運転支援機能、デジタルメーター、タッチスクリーン式インフォメーションシステムなど充実の内容を誇る。ボディカラーは、全6色を用意する。ガソリン車とクリーンディーゼル車の装備面の差別化はされていない。

クリーンディーゼルのトリムは、スポーティな「GT」のみ。ボディカラーは全6色を用意

 クリーンディーゼルモデル設定記念となる特別仕様車「GTパックBlueHDi」を用意。GTの装備に加え、ナッパレザーシート、運転席パワーシート機能及びマルチポイントランバーサポート、パノラミックサンルーフを標準化しているのが特徴。ボディカラーは、標準設定色のうち、パールホワイト、オレンジ、ブラックの3色から選択できる。

■価格差は23万円高だが……

 クリーンディーゼル車とガソリン車の価格差は、23万円なので比較的選びやすいといえる。しかし、コロナ過に置ける原材料価格と輸送費の上昇を受け、昨年より各社共に値上げが続いているのは、皆さんもご承知のとおり。プジョーも例外ではなく、2022年1月に、プジョー全体で平均3.3%の値上げを実施。

 ガソリン車のアリュールが+10万2000円、GTが11万5000円値上げされたが、4月1日より再び一部モデルの値上げを実施。2008も例外でなく、ディーゼル追加の段階で再び価格改定を受けている。

 その結果、ガソリン車のアリュールが+7万9000円の324万9000円。GTが+9万円の367万円となっている。近年、装備の充実でお買い得と感じられる車種もあったが、近頃の物価上昇の影響で、再び価格が上昇している。

 これは多くの人が収入が増えない現状では厳しい事態だ。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響の広がりを見せる今、輸入車の更さらなる値上げが懸念されている。

値上げだけでなく、モデル途中での装備の強化も行われているが、エントリーとなるプジョー208styleは、デビュー時の233万9000円から270万8000円まで上昇している(※写真は208GT)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します