サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 子どものころはクルマ嫌いの電車派! フランス車好きの森口将之さんは情熱のイタリア車からスタートした【みんなの愛車遍歴 Vol.6】

ここから本文です

子どものころはクルマ嫌いの電車派! フランス車好きの森口将之さんは情熱のイタリア車からスタートした【みんなの愛車遍歴 Vol.6】

 この記事をまとめると

■本サイトでもお馴染みの森口将之さんの愛車遍歴を紹介

自動車コラムニスト山本晋也さん最終的に行きついたのはエブリイバンだった! 【みんなの愛車遍歴 Vol.2】

■少年時代はそれほどクルマに興味もなく、クルマ酔いをしやすい時期もあった

■今ではイタリアやフランスのクルマを多く愛用するほか、バイクにも乗っている

 クルマ酔いするほどだった森口少年の運命を変えたクルマとは

 子供の頃の僕は、クルマが嫌いだった。乗り物酔いがひどかったからだ。当時父親が乗っていたクラウンの乗り心地がクタクタだったためもあるし、鉄ちゃんだったためもある。なので家族で出かける時も、ひとりだけ電車に乗っていったほど。

 なのになぜか、近所にあったトヨタ2000GTは自転車でたまに見に行ったりしていたし、中学生になるとカーグラフィックを購読しはじめ、世界にはいろいろなクルマがあることを知りはじめた。

 運転免許は2輪から取得した。でも事故や違反を繰り返すようになり、親から4輪に乗るよう言われた。最初は家のクルマに乗っていたが、カーグラフィックの影響でイタリア車が気になり、ミッドシップスポーツのフィアットX1/9に試乗しに行った。

 ところが買ったのは、アウトビアンキA112アバルト。同じお店でついでに乗ったら、こちらのほうが衝撃的だったからだ。これが人生初の愛車になった。

 アウトビアンキは2台乗り、続いてアルファ・ロメオのジュリアクーペ、2000GTVを買った。しかしネコ・パブリッシングのエンスー雑誌、カー・マガジン編集部に入ったことで転機が訪れる。イタリア車やイギリス車、ドイツ車など、主なヒストリックカーは編集部内で役割分担が決まっていて、アルファが好きだというだけでは居場所がなさそうだと直感した。しかも2000GTVはかなりの金食い虫でもあった。

 しかしフランス車は担当がいなかった。昔からひそかに憧れだったシトロエンにしようと決めた。安くて壊れなさそうな2CV。美しくて熱いイタリア車とは正反対だったけれど、独創の塊のようなこの乗り物に、のめり込んで行く自分がいた。

 気がつけばイタリアやフランスのクルマの虜になっていた

 その後はマトラ・ムレーナ、シトロエンCX、ルノー・トゥインゴ、プジョー106などフランス車を乗り継ぐ日々。唯一のアメリカ車だったジープ・チェロキーXJ型も、ルノーが開発に絡んでいたという理由で選んだ。

 たまにイタリア車にも乗りたくなり、ランチアY(イプシロン)やマセラティ3200GTも買ったけれど、最近はC4カクタスやGSなどシトロエンを乗り継いでいる。

 2輪はモトグッツィを経て現在はトライアンフ。操る楽しさは2輪、心地よく移動するための4輪と、自分なりに使い分けている。

 で、これらのパートナーとして棲み続けているのが、ルノー・アヴァンタイム。ミニバンクーペという革命的なコンセプトは後にも先にもこれだけだし、広くて使いやすく、さほど壊れず、とにかく快適だ。

 そのアヴァンタイムも今年で20年選手。対するGSは51年目になるが、最近はモビリティ全般に仕事の範囲が広がったためもあり、どこへ行くにもクルマというライフスタイルではないので、まったく不満なし。

 むしろいろいろな乗り物がある中でクルマの魅力を伝えるには、こういう面々と過ごしていたほうがいいのでは? と思っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します