サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカール連覇を狙うトヨタ、”予想以上”の大激戦。マラソンステージが鍵に

ここから本文です

 2020年のダカール・ラリーも競技9日目を終了し、残すは3ステージ。いよいよ終盤にさしかかっている。そんな中、四輪クラスの優勝争いは24秒差の大接戦となっている。

 総合首位に立っているカルロス・サインツSr.(X-Raid ミニ)の背後に、昨年王者であるナサール・アルアティヤ(トヨタ)がぴったりとつけているのだ。

■アロンソ、痛恨の”2回転”クラッシュ。フロントガラスを自ら外し、戦いを続ける

 2019年のダカール・ラリーにおいて、アルアティヤは序盤からリードを広げていく力強い走りを見せ、最終的に46分ものリードを築いてトヨタにダカールでの初優勝をもたらした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン