サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車の総生産台数100万台割れ、リーマンショック以来11年ぶり 2020年度実績

ここから本文です

三菱自動車は4月28日、2020年度(2020年4月~2021年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。総生産台数はリーマンショックの影響を受けた2009年度以来、11年ぶりの100万台割れとなった。

総生産台数は前年度比39.1%減の81万3829台で2年連続のマイナスとなった。国内生産は同40.9%減の36万6772台、海外生産も同37.6%減の44万7057台、いずれも2年連続で前年実績を下回った。

国内販売は同23.6%減の7万2542台で2年ぶりのマイナスとなった。登録車は同28.0%減の2万9815台、主力の『デリカ D:5』などが不振だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン