サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 熱効率50%を実現、日産の「STARC」燃焼とは?…次世代e-POWERを担う新技術

ここから本文です

日産自動車は、国内OEMの中で電動化戦略で先行するメーカーだ。EVの市販投入は10年も前であり、2030年のなるべく早い段階で新車をすべて電動車にすると表明している。その日産が26日、熱効率50%のエンジンに関する新技術の説明会を行った。

日産は、エンジン単体の熱効率で43~46%程度を実現する技術を開発し、これに加えバッテリー効率などを考慮した走行全体の効率で50%を達成する目途がたったとする。

エンジンの熱効率は2000年代くらいまではおおむね30%台だった。その後、トヨタ、マツダ、スバルなどが熱効率40%以上のエンジンを開発、市販車投入をしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ