サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ドゥカティの22年型マシンはコーナリングが更に改善? マルティン「新フェアリングが良い感じ」

ここから本文です

 2021年シーズンにMotoGPへデビューしたホルヘ・マルティン(プラマック)は、ドゥカティの2022年型マシンの進歩を高評価している。

 ルーキーイヤーながらポールポジションを4回獲得し、初優勝も記録したマルティン。彼は2022年も引き続きプラマックから参戦し、マシンは最新型が供給される。

■【ギャラリー】2022年MotoGP早くも始動。新人&新型バイクがヘレス走る

 11月18~19日にヘレス・サーキットで行なわれたポストシーズンテストでは、ドゥカティをはじめ各メーカーが来季に向けた新パーツなどをテスト。マルティンはその中でも新型フェアリングを高評価している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン