サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > SUVルックのイグニスが登場!一部改良で快適・安全装備も充実

ここから本文です

SUVルックのイグニスが登場!一部改良で快適・安全装備も充実

スズキは2020年2月4日、小型乗用車「イグニス」の一部改良を実施するとともに、SUVテイストを強めた新グレード「ハイブリッドMF」を設定。同日よりスズキ販売店で発売した。価格は152万2400(ハイブリッドMG・FF)~197万5600円。

今回の一部改良では、内外装の意匠変更を実施したほか、夜間乗降時に一定時間周囲を照らす「ガイドミーライト機能付きオートライトシステム」などの快適装備を充実させた。

エコカー減税もないし、約10万円高くなるけど、新型ハスラーはターボ車を選んで損はない!

具体的には、5スロットグリルをモチーフとした新意匠のフロントグリルや、ボディと同色のリヤバンパーなどを採用し、力強い印象のエクステリアデザインとなった。

インテリアはシート表皮やメーターの盤面に新意匠を採用したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色のブルーとガンメタリックを設定した(ハイブリッドMGはブラック内装)。

SUVテイストの「ハイブリッドMF」を追加設定

アクティブに行動するユーザー向けに、専用の前後バンパーやルーフレール、防汚タイプのラゲッジフロアなどを採用した新グレード「ハイブリッドMF」を設定した。

エクステリアには、今回変更を受けた新意匠のフロントグリルに加えて、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーを採用。これに呼応するようリヤバンパーの一部にシルバー塗装を施したほか、ルーフレールやフェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用してSUVらしい外形デザインとしている。

インテリアは、新意匠のメーター盤面デザインに加え、タフで高級感のあるレザー調シート表皮を採用したほか、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定した。

また、荷室には、リヤシートバック背面やスライドラゲッジボードに汚れを拭き取りやすい防汚タイプを採用。

ボディカラーは、新色のタフカーキパールメタリックを加え、ブラック2トーンルーフを含めた全16パターンを設定する。

快適装備の充実と安全装備を全車標準化

快適装備として、夜間の降車時にヘッドライトを一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンでドアロックの解錠を遠隔操作した場合にも自動でヘッドライトを点灯させるガイドミーライト機能を備えたオートライトシステムを全車に標準装備した。これはスズキ車として国内初となる。

このほか、助手席シートヒーターを全車標準装備化(4WD車は従来より標準装備)や、助手席シートサイドポケットの採用(ハイブリッドMG除く)するなど、快適装備を充実させた。

デュアルカメラブレーキサポートをはじめとした安全装備「スズキセーフティサポート」も全車に標準装備とした。

なお、「イグニス」は経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSベーシック+」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

[バリエーション&価格]

〈1.2Lエンジン+モーター(マイルドハイブリッド)・7速CVT〉
ハイブリッドMF:FF…183万9200円/4WD…197万5600円
ハイブリッドMZ:FF…178万8600円/4WD…192万5000円

〈1.2Lエンジン+モーター(マイルドハイブリッド)・CVT〉
ハイブリッドMX:FF…165万0000円/4WD…178万6400円
ハイブリッドMG:FF…152万2400円/4WD…165万8800円

イグニスの詳しい情報はこちら
https://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

スズキ
https://www.suzuki.co.jp

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します