サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 〈2020年5月度CM好感度ランキング〉トヨタイムズ、世界37万人のトヨタ社員にビデオ通話で状況聞き取り

ここから本文です
 CM総合研究所(関根心太郎代表、東京都港区)は、2020年5月度のCM好感度ランキングを公表した。総合ランキングではauスマートフォンの料金プランを訴求するKDDI「三太郎シリーズ」が5カ月連続の首位、2位は圏外から浮上したゼスプリインターナショナルジャパン「キウイフルーツ」。自動車業類はトップ10を逃した。

 東京キー5局でオンエアされた全CMを採録・分析するとともに、特約視聴者モニター3千人にCMの印象やその商品に対する購買意向などを聞いた。今回の対象期間の4月20~5月19日に放映された全CMは2164銘柄(前月比442銘柄減)。

おすすめのニュース

サイトトップへ