現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 3代目マツダCX-5は独自のハイブリッド搭載で2026年デビュー!

ここから本文です

3代目マツダCX-5は独自のハイブリッド搭載で2026年デビュー!

掲載 35
3代目マツダCX-5は独自のハイブリッド搭載で2026年デビュー!

スクープ [2024.06.12 UP]


3代目マツダCX-5は独自のハイブリッド搭載で2026年デビュー!

キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】

次期マツダCX-5予想CG
マツダは5月10日に2024年3月期の通期決算発表の中で、電動化に向けた進捗を報告。その中で、マルチ電動化技術を活用した商品として、コンパクト商品群に属するSUV・CX-5の次期モデルにマツダ製ハイブリッドを搭載する計画があることを公表した。その独自のハイブリッドについて情報をキャッチしたのでお届けしよう。


マツダのハイブリッド車というと、マイルドハイブリッド車を除くとラージ商品群のCX-60や間もなくデビューするCX-80も搭載するであろう2.5Lガソリンエンジンと8速ATの間にモーターを配置したe-SKYACTIV PHEVと現在日本へは導入されていない2.5Lハイブリッドを搭載するスモール商品群に属するSUV・CX-50だ。


CX-50は北米市場と中国市場で販売されており、2023年秋に追加されたハイブリッドモデルは、なんとトヨタ製だ。スマートエレクトリックハイブリッドと呼ばれ、2.5L直列4気筒エンジンと前後デュアルモーターの組み合わせで、e-AWDと呼ばれる電気式AWDを採用しているのだ。これは、トヨタにおけるRAV4やハリアーなどと同じシステムで、今後北米市場でも販売が開始される模様だ。


それでは次期CX-5に搭載されるマツダ独自のハイブリッドはどうなるのだろうか? それはCX-60などラージ商品群と同じエンジンとトランスミッションの間にモーターを配置するパラレル方式のハイブリッドとなるようだ。そしてAWDシステムもリヤモーターではなく、ラージ商品群と同じくプロペラシャフトを採用し、走破性を確保する。


CX-5はワールドワイドで販売されるマツダの中核モデル。今後、厳しい排出ガス規制などの施行もあり、電動化は必須だ。ハイブリッドの投入だけでなく、プラグインハイブリッドのラインアップにも期待したい。デビュー時期は、2026年が濃厚だ。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

新型マツダCX-50ハイブリッドが登場!──GQ新着カー
新型マツダCX-50ハイブリッドが登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
燃費プラスアルファの鉄板チョイス! ハイブリッドSUV5選
燃費プラスアルファの鉄板チョイス! ハイブリッドSUV5選
グーネット
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
アウディ『A5』新型、7月16日発表へ…新モデル20車種の先陣に
アウディ『A5』新型、7月16日発表へ…新モデル20車種の先陣に
レスポンス
マツダ『CX-50』にトヨタ製ハイブリッド搭載、燃費40%向上…米2025年型
マツダ『CX-50』にトヨタ製ハイブリッド搭載、燃費40%向上…米2025年型
レスポンス
マツダ新型「コンパクト“SUV”」発表! 新エンジン搭載&6速MT設定アリ! “小さな高級車”な上品内装もイイ「シーエックス サーティー」独に登場
マツダ新型「コンパクト“SUV”」発表! 新エンジン搭載&6速MT設定アリ! “小さな高級車”な上品内装もイイ「シーエックス サーティー」独に登場
くるまのニュース
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
ベストカーWeb
《注目EV》ミニ・エースマン詳報
《注目EV》ミニ・エースマン詳報
グーネット
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
ベストカーWeb
“トヨタHV”搭載の新型[フォレスター]誕生へ!! スバルらしさが堪能できるハイブリッド登場か
“トヨタHV”搭載の新型[フォレスター]誕生へ!! スバルらしさが堪能できるハイブリッド登場か
ベストカーWeb
電動Gクラス「G580」ついに完成! 4モーターAWDでリアルオフローダーが新たな伝説創る
電動Gクラス「G580」ついに完成! 4モーターAWDでリアルオフローダーが新たな伝説創る
グーネット
ホンダ 「プレリュード」コンセプトモデルを欧州初公開!市販化決定も宣言
ホンダ 「プレリュード」コンセプトモデルを欧州初公開!市販化決定も宣言
グーネット
ホンダ新型「“デカい”SUV」に大反響! 斬新な「シンプルデザイン」&高級感マシマシ!  超カッコいい「プロローグ」に熱視線
ホンダ新型「“デカい”SUV」に大反響! 斬新な「シンプルデザイン」&高級感マシマシ! 超カッコいい「プロローグ」に熱視線
くるまのニュース
テインのフルスペック車高調「フレックスZ」にマツダ『CX-60』の適合が追加
テインのフルスペック車高調「フレックスZ」にマツダ『CX-60』の適合が追加
レスポンス
アルピーヌ、水素エンジン搭載の次世代スポーツカー提案…グッドウッド2024
アルピーヌ、水素エンジン搭載の次世代スポーツカー提案…グッドウッド2024
レスポンス
登場から9年の[NDロードスター]未だ値上がり!! 改良で大幅進化も中古が値上がりするワケ
登場から9年の[NDロードスター]未だ値上がり!! 改良で大幅進化も中古が値上がりするワケ
ベストカーWeb
MG、100年の歴史で最強の電動ロードスター『サイバースター』新写真を公開
MG、100年の歴史で最強の電動ロードスター『サイバースター』新写真を公開
レスポンス
ハイブリッドなのに”刺激的”な[シビック]!! リッター32km超え[プリウス]はお買い得感ハンパなかった
ハイブリッドなのに”刺激的”な[シビック]!! リッター32km超え[プリウス]はお買い得感ハンパなかった
ベストカーWeb

みんなのコメント

35件
  • tom********
    純ガソリン車&クリーンディーゼルでええよ
  • 豆腐メンタル
    現行のCX-5は少しリアのデザインは勿体ないですが
    バランスよくてカッコイイですよね。
    その反面デザインって余白って大事だなとも思います。
    CX-5~MAZDA3あたりで作りこみすぎてデザイン面で
    袋小路に入ってしまった感が強いです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

43.3405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

43.3405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村