サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ レベル4の自動運転車 東京・お台場地区で実証同乗走行

ここから本文です

トヨタ レベル4の自動運転車 東京・お台場地区で実証同乗走行

トヨタ自動車は、AI(人工知能)や自動運転の開発を手がける米国子会社トヨタ・リサーチ・インスティチュート(TRI)が2020年7月から9月にかけて東京・お台場地区で自動運転レベル4(限定地域での完全自動運転)の実験車を使って一般向け同乗試乗を実施すると発表した。

実験車両は「レクサスLS」をベースに3Dライダー(LiDAR)やカメラなどのセンサー類、AIを搭載した自動運転車。お台場は、ガラス張りの高層ビルがあり、交通量が多く、渋滞も頻繁に発生するなど、交通環境が複雑で、自動運転車で走行するのにハードルが高い。お台場地区での自動運転を実証するすることで、短時間で技術の向上を図るとともに、一般に対して高度な自動運転技術をアピールする。

自動車部品メーカーがMaaSやCASE領域の技術開発を加速

同乗試乗は登録者の中から参加者を決定する予定。実験車には同乗試乗中もセーフティドライバーが運転席に座る。

実験車は米国ミシガン州・オタワレイクのテストコースでテストを実施している。また、TRIの研究拠点であるミシガン州アナーバー、カリフォルニア州ロスアルトスの周辺の公道でも実証実験を実施している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します