サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱ケミカルのバイオエンプラ「デュラビオ」 スズキSクロスに採用

ここから本文です

 三菱ケミカルホールディングスグループは、バイオマス由来のエンジニアリングプラスチック「デュラビオ」がスズキの「Sクロス」のフロントグリルに採用されたと発表した。デュラビオがスズキ車の外装部品に採用されるのは今回が初めて。

 デュラビオは再生可能な植物由来原料のイソソルバイドを使用したエンプラで、一般的なものより耐衝撃性や耐候性、耐熱性が高いのが特徴。表面が硬く、擦り傷が付きにくいため、塗装・コーティング工程が不要で、製造時の揮発性有機化合物の発生量を低減できる。

三菱ケミカル、バイオエンプラ「デュラビオ」がいすゞのトラックに採用

 スズキは内装部品にデュラビオを採用したケースはあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン