サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 残り2周のオーバーテイクショーで8位の琢磨「イエローコーションも味方し、良い作戦を立ててくれた」

ここから本文です

 NTTインディカー・シリーズも中間地点を折り返し後半戦に入った。第9戦のロード・アメリカは、ウィスコンシン州にある最も長いロードコースで、緑が深くアップダウンの多いが特徴でもある。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨も、このコースを気に入っているひとりだ。

パロウが残り2周の逆転勝利。再びポイントリーダーに【順位結果】インディカー第9戦ロード・アメリカ決勝レース

「アップダウンもあって、オーバーテイクのポイントもいくつかあるし、ヨーロッパのコースみたいで好きなコースです」と言っていた。

 オーストリアのレッドブルリンクのようなアップダウンがあり、森の中を抜けて来る様子はスパ・フランコルシャンのようでもある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン