サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC富士予選:トヨタ8号車がポールポジション獲得。トヨタ7号車は辛くも2番手死守

ここから本文です

WEC富士予選:トヨタ8号車がポールポジション獲得。トヨタ7号車は辛くも2番手死守

WEC富士予選:トヨタ8号車がポールポジション獲得。トヨタ7号車は辛くも2番手死守

 富士スピードウェイで行われている『2019-2020 FIA 世界耐久選手権(WEC)第2戦 富士6時間耐久レース』。公式予選で総合ポールポジションを獲得したのはトヨタTS050 HYBRIDの8号車で、平均タイムは1分25秒013だった。

 トヨタ勢はまず7号車にマイク・コンウェイ、8号車に中嶋一貴が乗り込んでアタックに向かった。8号車は1分24秒822をマーク。一方で7号車のコンウェイはタイムを計測することなくホセ・マリア・ロペスに交代した。

■F2チャンピオンのデ・フリーズ、トヨタからWECルーキーテスト参加へ

 ロペスは1分25秒639を計測したが、中嶋一貴の8号車には届かず、チームLNTの6号車ジネッタに0.050秒差まで迫られる苦しい展開となった。

 その後、7号車には小林可夢偉が乗り込み、アタックを開始。しかし6号車を駆るチャーリー・ロベルトソンがGR Supraコーナーの出口でスピン。マシンがコース上にストップしたため、セッションは3分35秒を残して赤旗中断となった。小林は1分25秒125を記録するが、このタイムは抹消されてしまった。一方で6号車はトヨタ勢を脅かす位置につけていただけに、大きな痛手となった。

 約10分の中断を経てセッションが再開され、各車が最後のアタックへと入っていった。8号車はコースインせず、7号車には再び小林が乗り込んだ。小林は”ユーズドタイヤ”で1分25秒968を記録し、なんとか2番手を手にした。

 これでトヨタ8号車のポールポジションが確定。2番手は0.790秒差でトヨタ7号車。7号車は2番手の座こそ守ったが、今季から導入されたサクセス・ハンディキャップの影響もあってか苦しいセッションとなった。3番手以下はLNT6号車、レベリオン1号車、LNT5号車となった。

 LMP2クラスはジャッキー・チェン・DCレーシング37号車がポールポジションを獲得。山下健太を擁するハイクラスレーシング33号車はクラス4番手となった。

 LM-GTE Proクラスはフリー走行から好調だったポルシェ91号車がポールポジションを獲得。同車の平均タイムは1分37秒356だった。また、僚友の92号車はミカエル・クリステンセンがコカ・コーラコーナーの出口でクラッシュするなどクラス最下位に終わり、ポルシェ勢は明暗の分かれる結果となった。

 LM-GTE Amクラスはチームプロジェクト1の57号車ポルシェがポールとなった。一方でFP2、FP3とトップタイムだったTFスポーツ90号車のアストンマーティンはクラス2番手に終わった。昨年の富士でポールポジションを獲得したデンプシー・プロトン88号車のポルシェは、星野敏もアタックを担当しクラス6番手、石川資章率いるMRレーシングはクラス10番手に終わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します