サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【市販車はどんな姿に?】アウディQ4スポーツバックeトロン 電動クーペSUVコンセプト デザイナーQ&A

ここから本文です

【市販車はどんな姿に?】アウディQ4スポーツバックeトロン 電動クーペSUVコンセプト デザイナーQ&A

アマール・ファヤに訊く 電動SUVのデザイン

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

【画像】Q4スポーツバックeトロン・コンセプト【クーペSUVのデザイン詳細】 全43枚

アウディが発表したクーペスタイルの新たな電気自動車SUVコンセプト、「Q4スポーツバックeトロン」。

この美しいクーペSUVコンセプトは、今後市販モデルの開発が進められ、来年にはヨーロッパで発売される見込みだ。

流麗なスタイリングを描いたデザイナーのアマール・ファヤに、AUTOCAR編集部は話を聞くことができたのでご紹介しよう。

ーーコンセプトと市販モデルはどの程度近いのでしょうか?

90%といったところです。本コンセプトでは、少しワイドに、低くしました。

市販型では、バンパーのディテールが変わり、ドアハンドルは(フラッシュハンドルではなく)通常のものになります。そして、21インチのホイールが装着されます。

フラッシュハンドルの実用化は?

ーー多くのコンセプトカーでフラッシュハンドルをよく見かけますが、いつ実現するのでしょうか?

将来的には、タッチボタンでドアを開けることができるフラッシュ式になるでしょう。

しかし、このクルマはコンパクト・セグメントなので採用できませんでした。テクノロジーが安価になれば、可能な限り実現していくつもりです。

ーー今回のデザインで、一番苦労したことは何ですか?

Aピラー周りの部分です。ホイールはボディの隅に配置されているので、デザイナーにとっては幸いです。

しかし、Aピラーがあまりにも前に出ているので、最初はミニバンのようなシルエットになってしまうのではないかと悩んでいました。

そこで、ボンネットからドアミラーにかけて彫り込むようなラインを配し、ボンネットが長く見えるようにしました。

SUVボディと電動化の将来

ーーSUVが空力的に不利ということを考えると、航続距離がシビアなEVのデザインは、今後どのように進化していくのでしょうか?

人々が求めるドライビングポジションを実現するためには、今のところ妥協しなければなりません。

しかし、軽量化と空力特性の改善は必要です。現在のトレンドは、より合理的で技術的に進んだものに取って代わられると思います。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します