サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺テクニカルディレクター、アメリカGP予選好結果も「決勝はまた厳しい戦いになる」

ここから本文です

 F1アメリカGPの予選で、ホンダ製のパワーユニット(PU)を搭載するレッドブルとアルファタウリの計4台のマシンは、揃ってQ3進出を果たした。

 中でもレッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得、そのチームメイトであるセルジオ・ペレスが3番手と、タイトル争いのライバルであるメルセデスを圧倒した形。事前の評価ではメルセデス優勢という見方も強かったが、それを覆した。

■PP獲得フェルスタッペン「非常にエキサイティングな予選だった」

「アメリカGPの2日目は、1日目と同様に外気温・路面温度ともに高めのコンディションの中で行なわれました」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、そう語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ