サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「タイヤへの理解深まれば、チャンピオン争いはできるはず」青山博一監督の小椋藍Moto2デビューシーズン総括後半:〈アジアから“世界”へ〉

ここから本文です

 2021年にMoto2クラスへデビューしたIDEMITSU Honda Team Asiaの小椋藍。初年度は120ポイントを獲得しランキング8位。2位表彰台をオーストリアGPで獲得する活躍も見せた。

 チームを率いる青山博一監督は、”小椋に足りないモノ”として序盤のペースを挙げており、バイクの走らせ方やタイヤの扱い方など改善可能な部分を指摘していた。

【インタビュー前半】小椋藍、Moto2の1年目目標ほぼ達成? 青山博一監督のデビューシーズン総括

 2022年シーズンに向けて日本のファンからも期待は高まっているが、監督にも2022年シーズンに目指すところなどについて訊いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ