サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、大クラッシュ後の自信回復の鍵は”自宅シミュレーター”での走り込み?

ここから本文です
 F1第10戦イギリスGP(7月11日)のオープニングラップで大クラッシュに見舞われたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。51Gもの衝撃を受けた彼は、第11戦ハンガリーGPまでの時間を身体の回復に費やしたが、自宅シミュレーターでの走行が再びF1マシンに乗る上での自信につながったようだ。

 事故から数日後にはかなり調子が良くなったものの、フェルスタッペンはF1マシンに戻った時、コックピットで自分がどんな状態になるのか確信が持てなかったという。

おすすめのニュース

サイトトップへ