サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダの先進安全技術2030年から大幅進化! N-BOXなどにも死角の車両を警告する機能が装備される見込み

ここから本文です

ホンダは2021年10月13日(水)、全方位安全運転システム「ホンダセンシング360」を発表した。従来のシステム「ホンダセンシング」よりも機能を高め、測位範囲を車両の前後だけでなく全方位に広げた。2022年に中国で発売する四輪車から適用し、2030年までに先進国で発売する全モデルに展開することを目指すとしている。

車両の死角をカバーするホンダセンシング360

この記事の画像ギャラリーを見る(全33枚)

ホンダセンシング360は現行のホンダセンシングの単眼カメラに加えて、フロントと各コーナーに合計5台のミリ波レーダーを新たに装備することで360度センシングを実現。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン